3時のおやつ研究室。

research

3時のおやつ研究室とは。

お菓子の研究は、作るだけではありません。

“食べる側”になって体験する事も重要。

というワケで、言い訳がましくなりましたが【3時のおやつ研究室】と題して

このコーナーでは、私が研究(そして私利私欲)のために食べて美味しかったおやつを紹介していきます。

初回は、みんな大好き『Chateraise』の回です。

『シャトレーゼ』のアップルパイを愛でる。

シャトレーゼといえば何が好き?と聞かれたら、全員が全員違う商品を指名するほど揃えの多いシャトレーゼ。
※生菓子、焼き菓子、和菓子、パン、アイスクリーム等々。
※ほぼお菓子の家。
※店やけど。

私も大好きなおやつがいくつかありますが、今回は隠れた名品アップルパイをチョイス。
※多分シャトレーゼは隠れてるつもりないと思う。
※なんかゴメン。w

つやっつや。
※卵でも塗られたんか。
※↑実際卵塗ってる。

断面に思わず拝んだ私。
※ありがとうね。なんか、ありがとうね。ってなる。w

私自身はパイ好きなのに、作る時はあまり扱う事がないため

パイへの尊敬と愛情はひとしお。
※だったら作ろうよ。パイ。

パイ生地はサックサク
※つやっつやのサックサク。

アップルフィリングはとろっとろ
※つやっつやのサックサクのとろっとろ。

シナモンは控えめ。

そしてお口の中でサクサクととろとろが融合する時、パイ生地がボロボロとこぼれ落ちる事も忘れ
※めっちゃ散らかるよね。パイ。w
※でもそれぐらい本当にサックサクなの。

アップルパイの幸せに浸れます。

ほんのちょっとトースターでリベイクすれば、もっと最高です。
※香ばしさが蘇る。

この幸せがですよ?
※いいですか?奥さん。

¥399で買えるんです!
※いやこっちが『39(サンキュー)やわー!』言うて。
※だから大好きシャトレーゼ。

このボリューム、このお味でこのお値段、本当にすごい。

私なんて1回に食べる量が少ないので、3回は楽しめちゃいます。
※1回あたり¥133。←めっちゃ計算しやすかったわ。
※で、その計算要る?

チャンスがあれば、私も作ってみたいものです。こんなアップルパイ。
※って思うけどこれだけ安くて美味しいものがあるなら買う方が早くない?ってなるよね。実際。

そして『梨恵夢』という夢を見る。

それからシャトレーゼで忘れてはならないお菓子が、みなさんご存じの
※ご存じ?じゃなかったら今すぐシャトレーゼに走って。
※さぁ早く!

梨恵夢(リエム)。

シャトレーゼに行ったら必ずこれを買う法律があるのか
※kinako法全書に載ってる。↑

と思うぐらい絶対買うおやつです。

一体何でしょうね?この美味しさは。
※実際「何味?」って聞かれたらうまく説明できない。w

しっとりほっこりした食感と、お口の中でとろける感じ。

和菓子を食べているかのような香りと、焦げ目がつかないギリギリのところで仕上げている上品さ。
※何をどうやったらこんなものができるのか。
※↑教えてもらったとしても作らないけどね。
※これを超えられる気がしないからね。

そして・・・
※また・・・

お値段なんとっ!

1本¥54
※頼む。嘘だと言ってくれ。
※本気で「もう少し払いますよ?私。」って言いそうになる。
※言わんけど。

今時¥100あったら買えるお菓子なんて存在するんですね。
※子供に100円あげて「100円ぐらいじゃ何も買われへん!」って言われたら「梨恵夢あるやんか!シャトレーゼ行っといで!」って言えるやん。

本当にすごいお店です。シャトレーゼ。

みなさんのお近くにもあれば、ぜひ1本¥54の夢を買ってみてください。

カテゴリー
research
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP