なかしましほさんのレシピであんこを作る。

recipe

梅仕事、栗仕事に続く、新しい〇〇仕事。

『〇〇仕事』と聞いて、最初に思い浮かべるのはどんな“しごと”ですか?
※答えに「サラリーマン」とか今要らんよ。

梅仕事、栗仕事、味噌仕事、大工仕事・・・
※最後週末のお父さん。

時間をかけて作る事を楽しむ、それが『〇〇仕事』です。

めんどうだからこそ楽しい。時間をかけて作る過程が面白い。

そう感じる事ができたなら、それは立派な“必殺仕事人”。
※京様の出番です。

いいんですよね。あの、時間をかけて作った後の達成感。
※わかるよ。わかる。
※時間とかお金とか関係ないねん。
※集中して作ってる時間がただただ楽しいのよね。
※実際の仕事では味わえないよね。
※↑本業も頑張れ。

そんな仕事マニアのあなたに贈る、新しい仕事の提案。
※転職エージェントか。

それが、あんこ仕事。
※『あんこ仕事』でネット検索すると、『あんこの求人』が出てきます。
※そんな仕事カテゴリあったんや。
※ちなみに詳細を覗いたら和菓子の製造だったりする。
※そらそうなるわ。

今回は、美味しい小豆を使って、美味しいあんこを手作りしてみたいと思います。

なかしましほさんのあんこレシピであんこを作ってみよう。

これは、とにかく時間が余って、もうあんこを作る以外考えられない

というクソ暇な時に実行してください。
※さもなくば途中で手を止める事ができなくなり、その他全ての予定をキャンセルする事になるでしょう。
※「ゴメン・・・今あんこ作ってて、今日行けそうにないねん・・・」という生まれて初めての断り方ができるでしょう。

そのぐらい時間も手間もかかります。

でも、先にお伝えしておきます。

そんじょそこらのあんこの味じゃねぇんだわ。
※いやマジで。

始めて作ったからとか、時間と手間をかけて作ったからとか

そんな忖度なしに、出来上がったあんこは間違いなく美味しいです。

そのあんこの美味しさに出会いたければ、ぜひこのレシピを参考に

就職してください。
※『仕事』やからって作る時の事『就職』とは言わんよ。

なかしましほさん直伝!手作りあんこのレシピ

私は同じレシピが載った『たのしいあんこの本』を見ながら作りました。
※黒あん、白あん、かたあん、ゆる案等色んな種類のあんこのレシピ他、あんこを使ったスイーツもいっぱい載ってます。

小豆にもこだわってみたかったので、今回は十勝産『えりも小豆(しょうず)』を使って作ってみました。

小豆500gで約1500gのあんこが作れます。
※仕上がりのあんこ量規格外説。

ツヤツヤピカピカの小豆。
※あずきの宝石箱や~☆
※黙って煮ろ。

優しい甘さに仕上げるため、きび糖を使用。
※あんこの半分は優しさでできています。
※お気に入りの『バファリンシリーズ』。
※ちなみにお砂糖の量は小豆の80%なので半分ではないです。

渋切り → 下煮 → 蒸らし → 仕上げ
※仕上げまで行くのに3回程心折れます。
※最後は気持ちの問題。

約5時間かけて作った結果

ちゃんと豆の味(香り)がする、優しい甘さのあんこができました。
※例えるなら風邪ひいた時のお母さん。ぐらい優しい。
※それは優しさの種類が違う。↑

私はこれを、食パンに折り込んであん食にしたり、あんドーナツにしてみたり
※どちらも絶品。

ホイップに合わせてみたり、クリームチーズに乗せてみたり、手のひらに乗せてみたり
※産まれたてのパンダか。

もう本当にアレンジし放題。

あんこ独特のキーン!と来る強めの甘さもクセも無いので

何に合わせても美味しかったです。
※夏だったらアイスクリームのトッピングとかシェイクにしてもいいかも。
※本のレシピには豆乳を使ったシェイクのレシピも載ってたよ。

焼き菓子とは違い、ただただ美味しく食べられる“あんこ”というおやつが

本当に好きでなりません。
※焼き菓子だとついつい材料は何か?とかどうやって作るんかとか考えてしまって素直に楽しめない私。
※真面目か。

添加物不使用なので、お子様にも安心して食べさせられるおやつですね。
※子供に本当の小豆の味を覚えてもらおう。
※スパルタおやつ塾。

手作りあんこの日持ち。

と、ここまで手作りあんこをベタ褒めしましたが、ちょっとだけ注意点。

たくさんのお砂糖で煮詰めるため日持ちしそうですが、実はそんなに日持ちしません。
冷蔵保存で約1週間ほど。

たくさん作って食べきれない時は、小分けにして冷凍保存しましょう。
※使う分だけラップに包んで、チャック付き袋に入れて保存。
※あるいはチャック付き袋に入れて、包丁の背で袋の上から仕切って冷凍すると、使いたい分だけ取り出しやすい。
※解凍する時は冷蔵解凍がおすすめ。

薄く平らに延ばしてラップに包んでおけば、そのままトーストに乗せて小倉トーストとして楽しめます。
※天才かよ。

冷凍庫に入れてストックしておけば、使いたい時に使えて便利です。

『〇〇仕事』が好きな方は、ぜひこの新しい『あんこ仕事』も仕事仲間に入れてみてください。
※あんこが同僚。

CUIRE  ONLINE SHOP
カテゴリー
recipe
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP