3時のおやつ研究室。 ~パンデピスを知ってるかい?~

research

魅惑のスパイスケーキ。『パンデピス』。

パンデピス』というお菓子をご存じでしょうか?
※「知ってるよ。」という方には、CUIRE焼き菓子研究所主催の焼き菓子検定2級を差し上げます。
※ちなみに何の役にも立ちません。↑

パンデピスとは、フランス語で「香辛料を使ったパン」を意味する焼き菓子です。
※お菓子なのにパン!?
※香辛料!?
※増々わからんその説明。

とはいえお菓子なのでパンではなく、作り方や材料もパンっぽくはないです。
※なら何故『パン』・・・。

そして特徴的なのは、数種類のスパイスをきかせたその独特香り。
※スパイスケーキの類と思ってもらえれば。

そして、たっぷりのはちみつ。
※お砂糖は使わず、甘味は全てはちみつ。
※『月亭』ではない方の。

薄力粉の他、ライ麦粉も使います。
※謎が深まるだけやねんけどパンデピス。

そんなパンデピスの魅力を、今日は伝え隊。

知ってる方も、知らない方も、ぜひ名前だけでも覚えて帰ってくださいね~。
※いつか令和で甦れ、このフレーズ。

自分が食べたいだけの『パンデピス』のお取り寄せ、はじめました。

とにかくこのケーキの最大の特徴は、“知る人ぞ知る感“がスゴい。というところ。

そもそもこのエッジのきいたスパイスが、好きな人はめっちゃ好きだけど、苦手な方には1mmも刺さりません。
※エッジがきいてるのに刺さらないとはこれ如何に。

そう。酢豚のパイナップル的な両極端な好みの分かれるお菓子なのです。

なので、『パンデピス 通販』で検索しても、目立ったヒットがありません。
※ケーキ界の苦労人。

でも、私は好き。
※スパイス大好き人間。
※スパイスはカレーのためだけに存在するんじゃないのよ。

だから、作りました。
※はい。自社製品の宣伝です。

ただただ自分が食べたいと思ったパンデピスを。
※自己中パティシエのきまぐれケーキ。
※↑シェフのきまぐれサラダ的な。

確かにマニアックです。

でも、苦手な人でも食べやすいように改良したりしません。
※改良したらパンデピス違反です。

はちみつたっぷり。スパイスたっぷり。ライ麦粉もたっぷり。オレンジピールもたっぷり。

できるだけ正統派の、そしてパンデピス好きが好みそうな、ちゃんとマニアックなパンデピスを目指しました。
※何のために。
※↑自分のために。

スパイスは、シナモン・カルダモン・ナツメグ・スターアニス・しょうが・クローブの6種類。
※もうどれがどれだかわからない。

はちみつとライ麦粉で、生地はもっちり。
※「もっちり」というより「ねっちり」かな。
※「ねずっち」じゃない事だけは確かです。

トースターで1~2分リベイクして温めるとスパイスの香りが蘇り、より引き立ちます。

スパイス好きはさらに、おともの飲み物にチャイを選択し、その香りにまみれます。
※もうどれがどれかわからん香りやけど幸せ。

スパイス好きには絶対食べて欲しい。

とはいえ、興味はあるけど好きになれるかどうか少し不安・・・

という方に、食べやすいようラムレーズンを加えました。
※いやめっちゃ改良しとるやないかーい。
※いや、私が好きなので。ラムレーズン。w
※でも本当、めっちゃ合います。

スパイスの香りとオレンジの香り、ラムレーズンの香りが相まって、かなり私好みのパンデピスになりました。

パンデピスの食べ方アレンジいろいろ。

そのまま食べても美味しいのですが、私はクリームチーズを塗って、イキって食べるのが好き。
※クリチ塗って食べる時イキって見える説。
※ただの偏見やろ。

あまじょっぱさがクセになる。

そしてひとくち一口スパイスの香りを確かめたくて、ついつい食べ過ぎてしまいます。

『パンデピス』を検索すると、「ワインにも合う」と書かれており、スパイスとワインって確かに合いそうなので絶対美味しいやん!

と思うけど下戸なので試した事はありません。
※ゴメンて。
※誰かやった事ある人いたら教えて。

その他、チーズと一緒にピンチョスにする食べ方も載っていました。

が、ピンチョス自体作ろうと思う人が少ないので、それはどうかと思う。
※ホームパーティーでピンチョス作る人って日本にいるの?

でも、やるやらないは別として、色んな食べ方ができて面白いケーキである事は間違いありません。
※ただのおやつで終わらない。それがパンデピス。
※パンではないけれど。

ちなみに、真逆の『(何も手を加えず)そのまま食べる』も私は好きです。

パンデピス独特のもちもち感は、何も手を加えない時に一番感じるからです。

近年、クリスマスシーズンにシュトーレンを多く見かけるようになりましたが
※市民権得てきた感。

パンデピスにも、いつか時代が来ると信じています。
※体を温める香辛料を多用している事から主に冬に食べるケーキとされている。
※あとは時代待ち。
※でも本当にもっと評価されてもいいと思うわ。彼。

数少ないパンデピスの通信販売の中から、自社製品だけ載せるのは心もとないので、他社製品も載せておきます。


正式な発音としては『パンドエピス』みたいです。
※パンドエピス、パンドエピス、パンドゥエピス、パンデピス、パンデピスばんざーい!みたいな。

スパイス好きさんには絶対一度は食べて欲しい一品。

CUIREのパンデピスも下のリンクから買えますので、ぜひ。


カテゴリー
research
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP