3時のおやつ研究室。~続過ぎるピエール・エルメ~

research

シリーズ初、クッキーをいただきました。

買ってしまうのよ。セブンのピエール・エルメ。
※ゴメンて。
※もうコレ楽しいのん私だけってわかってんねんて。
※でも買ってまうねんて。

でも今回は、焼き菓子研究所らしく、クッキーです。
※やっと焼き菓子に手をつけました。
※あ、私そういえば焼き菓子屋さんやった・・って。
※焼き菓子屋さんやのにプリンばっかり紹介してた・・・って。
※↑誰も幸せにしない罪悪感。

今までもこのシリーズでクッキーは出ていたのですが

買うのは初めてです。
※クッキー、チョコ、カップスイーツ、エクレア、アイスクリーム等が出ています。
※エクレアとカップスイーツに力を入れ過ぎていたわ。

ピエール・エルメ シグネチャー ミニチョコムーンライト ピスタチオ&ピスタチオ

です。
※敢えての全てカタカナ表記です。
※え、『&』ってカタカナなん?
※↑黙れ。

「ピスタチオ&ピスタチオ」って、何で2回言うたん?と思いませんか。
※ミスプリでしょうか。
※なワケない。

その謎が、この後明らかに!
※その前に、コマーシャル♪
※もう1回黙れ。

クッキーとチョコレートの両方がピスタチオで『ピスタチオ&ピスタチオ』。

その前に、通常のムーンライトを食べた事はありますか?

クッキーなのにしっとりしてて、サクサクというよりふわふわに近いぐらい柔らかい。
※「歯なくても食べれる」のやつ。
※ちなみに今回歯は要ります。
※そらな。

そのサクふわクッキーが、ピエールとコラボしたらどうなるのか?

答えはコチラ。↓

こうなります。
※画像に全てを委ねるな。

クッキーに練り込まれたピスタチオ。

そのピスタチオクッキーに、追いピスタチオチョコをトッピング。

=ピスタチオ&ピスタチオ。
※キまった。
※いやなんもキまってないから。

こんなにダブルでピスタチオってるのに、クドくない。
※説明がクドい。

それでいて、ムーンライトのあのサクふわ食感はご健在。

なんでこんなに柔らかく焼き上げられるのだろう。
※言うてる間に調べろ。

この薄~くコーティングされてるピスタチオチョコの量も絶妙。
※これ以上厚くてもクドいし、これ以上薄くても存在感なさ過ぎる。

そして、今までのピエール・エルメ シグネチャーも含め

味がお上品。
※“コンビニのお菓子感”が無い。

個包装で箱に入れられててもおかしくないクオリティ。

コンビニで出会ったら、ぜひに。
※売り切れ御免商品なので出会った時が買い時やで。
※ピエールエルメシグネチャーは一期一会。やで。
※そんなコンセプトちゃうで。

カテゴリー
research
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP