【レシピ】梨のコンフィチュール

recipe

梨をジャムにするって意外と難しい件。

どんな形であれ、私の所にやって来たフルーツは

その形を変え、さらに美味しく、かつ保存がきくように加工する。

それが焼き菓子職人のプライド。
※ジャム全然焼き菓子ちゃうで。
※むしろ関係無い。
※いやでもほらスコーンとかにつけたら美味しいし、『甘いもの』っていうくくりで見逃して。
※くくりの幅広過ぎ説。

今回は、がやって来ました。

彫刻か。ってなる。

新興梨という品種で、通常の梨より少し大きめ

シャキシャキした食感に、甘さと柔らかい酸味が特徴。
※ググったよ。↑
※作ってから調べて「へー。」ってなったよ。

そのまま食べてももちろん美味しい。
※もう「美味すぃ。」の域。
※どこの領域。↑

駄菓子菓子!

梨はジャム化するにはちょっと難しいフルーツなのです。

そもそもジャムとは、甘味の他に香りや色が重要視されます。

特に“香り”のとこ。

ほとんどのフルーツジャムは、香りで食べていると言っても過言ではありません。
※いちご、ブルーベリー、オレンジマーマレード等定番のジャムは大体香りが強いもの。

その点、梨は甘味が強いものの、香りが弱く色も薄い。
※梨ってどんな香り?って聞かれるとムズいよね。
※んー。梨臭。って答えるしかないよね。

そこをどうアレンジして加工するのか?

それがジャム職人の腕の見せ所。
※いつからジャム職人になったんや。
※アンパンマンの新しいキャラクター『ジャムおばさん』か。
※バタ子さんの叔母。
※いやジャムおじさん関係ないんかい。

プロの技を、とくとご覧あれ。
※とはいえ簡単です。
※ご家庭で普通にできます。
※ご家庭でできたらプロちゃいますやん。

梨ジャムの作り方。

材料 140ml瓶 約5本分

  • 梨・・・1kg(今回は大きめの新興梨2.5個使用)
  • グラニュー糖・・・500g(1日目:250g、2日目:250g)
  • ペクチン・・・5g
  • レモン果汁・・・大さじ1
  • 洋梨のお酒・・・大さじ2

はい。もうバレてますね。

要は足りない香りをフルーツのお酒で足しています。

今回使用したのはやたがらすさんの『吉野物語ラ・フランス』。
※普通にそのまま飲みたい。

香りの弱いフルーツをジャムにする場合、キルシュやスパイス等で香りのアクセントをつける事が多いです。

では工程へ。↓

【手順】

➀梨は皮をむいて8等分し、芯の部分を切り取って3mm程度にスライスします。
※真ん中の幅が広いところはさらに縦半分にカット。したりしなかったり。
※それは自分のさじ加減。
※そこは自己判断で。

変色を防ぐため素早く切ろう。
※丁寧かつ迅速に。

➁全てカットできたら鍋に移し、グラニュー糖250gを投入。
 弱めの中火にかけ、砂糖が溶けて水分が出るまで混ぜ続ける。
 ※コツ:そんな自分を応援する。

③水分が出て来たら少し火を弱めて、梨がふっくらするまで煮る。
 ※混ぜ続けなくていいけど時々様子は見てあげて。
 ※遠くでいいから見守ってあげて。

④梨が柔らかく水分を含んでふっくらしたら火からおろし、ボウルにあけて粗熱を取る。

⑤ジャム(仮)の表面に、変色を防ぐためのレモン果汁を広げ、表面に空気が触れないようぴったりラップする。
 ※『レモン果汁を広げる』ってどういう状態。
 ※最終気持ちの問題。

この状態で冷蔵庫で一晩寝かせる。

⑥二日目。ボウルの梨ジャム(仮)を鍋に戻し、グラニュー糖とペクチンを混ぜたものを投入する。
 ※ペクチンはダマになりやすいので事前にグラニュー糖と混ぜて大きな塊は潰しておく。
 ※ちなみに『ペクチン』って聞くと製菓材料っぽくてハードル高く感じるかもしれんけど普通にスーパーに売ってる気さくな子やで。

⑦永遠に混ぜ続ける。
 ※要BGM。
 ※さもなくば廃人と化す。

⑧水分が多いためなかなかトロみがつきませんが、冷えるとトロみがつくので心配ご無用。
 トロみがついてきたかな?ぐらいでラフランスのお酒を投入する。

⑨1分ほど煮込んだら火を止め、熱いうちに煮沸消毒した瓶にパンパンに詰め、しっかり蓋をして逆さまにして冷ます。
 ※出来る限り空気を入れないように。
 ※この条件で保存すると約半年は日持ちします。
 ※↑開封前の場合。開封後は早めに食べ切ってね。

かなり甘味が強いので、シロップはあまり入れず果肉を主に詰めるようにしてください。
※余ったシロップは炭酸水で割ったり、お砂糖代わりに紅茶に入れたりすると美味しいよ。

甘味が強いので(再)プレーンヨーグルトなんかのトッピングにすると、とっても美味しいです。

シャキシャキした食感は残るので、やっぱりプレーンヨーグルトが相性抜群
※すんごいプレーンヨーグルト推すやん。

アレンジ次第でどんなフルーツもジャムにできる。

出来上がった新興梨のコンフィチュール。
※う、美しい・・・。

香りが弱いフルーツや甘味の少ないジャムにし辛いフルーツでも

アレンジ次第で美味しくジャム化する事ができます。

お好みのアレンジを追求して、スパイスや洋酒の配合を変えたり、他のフルーツとブレンドして作るのも楽しい。
※どんなフルーツをブレンドするかのセンスが腕の見せ所。

逆に、皮の厚い柑橘系等は、皮の苦味を取って引き算で味を組み立てる。
※味の嫌な要素を取り除いてジャム化する。
※さっきから普通に『ジャム化』って言うてるけどそんな日本語無いで。

スーパーでフルーツを見かけた時、自分だったらどんな風にジャム化するか・・・?

そんな事を考え出したら、それは立派なジャマーです。
※こないだは『コンフィチューラー』て言うてたよ。

ぜひフルーツの食べ方として“ジャムにしてみる”を加えてみてください。
※大量にもらった時とか。

追及すると本当に面白いです。ジャムの世界。

「私は密かにこんなフルーツをジャム化して楽しんでいます。」というジャムがあれば

ぜひ教えてください。
※さぁ、恥ずかしがらずに。

CUIRE  ONLINE SHOP
カテゴリー
recipeジャム
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP