【レシピ】すだちジャムの作り方

recipe

すだちの新しい使い道。

今回は、ネットでよく見る『カンタン!すだちジャムの作り方☆』

のようなジャムではなく、悟りが開けるのではないかと思うほど精神力が鍛えられる

超絶手間暇かかったすだちジャムレシピをご紹介いたします。
※逆転の発想。

用意するものは、もちろんすだち。
※ちーすだ。

“山のエメラルド”の別名を持つ、香り高き柑橘類。
※↑初めて聞いたぞそんなキャッチコピー。
※そりゃそうだ。今私が作ったんだもの。

すだちって、意外と使い道ないよね。
※↑どうやったって『すだっち』。みたいになるわ。
※菅田将暉なんかゴメン。

ご近所さんからたくさんいただいたものの、使い道に困るわ・・・

と思った事がある方も多いのでは。

でも、美味しいよね。やっぱいい香りだし。
※でもでもサンマに搾るとかしか思い浮かばないよね。
※ほぼサンマのオプションだよね。

そんな美味しさと使い道の間で揺れる彼らを、今回ジャムにしようと思います。
※CUIREでは『コンフィチュール』って呼んでます。
※シャレっ気キメてます。
※意味はほぼ同じです。
※大した意味は無いです。

大量にすだちを入手したその時は、ぜひ。

ジャム、それは苦行なり。~ジャム作り前編~

ジャムってアレでしょ?フルーツカットしてお砂糖で煮詰めたやつでしょ?

そう思ったあなた。
※そう、あなたよ。

すだちジャムをナメないでいただきたい。
※誰もナメてないしジャムは舐めるもんだし。
※でも気軽ではないので作る時はそれなりの覚悟を持って。

あまりの手間暇に、どれだけ苦労したのかを伝えるため

この記事に関しては、2回にわたってお送りします。
※褒められたがりか。
※記事ハラ。か。

材料

  • すだち・・・種を取り出して皮と実に分けた正味量
  • グラニュー糖・・・すだちの60%分

下準備

1.時間の確保

2.長時間作業に耐えうる精神力

【手順】

まず、よく水で洗ったすだちを横半分にカット。

そして種を取り出します。
※竹串を使うと取りやすいよ。
※ちなみにすだち40個ぐらいありました。
※↑苦行その①。

工房にすだちの香りが充満し、爽やかに作業する事ができます。
※とか言ってられるのも今だけです。

種を全て取り除いたら、皮と実に分けます。

※中の薄皮を外皮から剥がすように。

この作業、指めっさ痛いです。
※キズとか無いのにめっちゃしみる。
※3日ぐらい痛かった。
※途中自分が何してるんかわからんくなった。
※↑すだちジャム作ってるんやで。
※↑苦行その②。

そして、すだちのプレーンジャムの場合は、ここで計量しておきます
※このすだちの量でお砂糖の量が決まります。
※量はメモしておこう。
※私はみかんをブレンドしたのでみかんをカットしてから計量。
※すだちの量が少ないかな?と思ったのでブレンドしましたが、できたら爆量でビビりました。

そして、皮を鍋に入れ、ひたひたの水で火にかけます。

※煮ると黄色くなる不思議。

沸騰直前で止め、10分放置。

お湯を捨てて水洗いし、再び一から水をひたひたに入れ約10分煮る。
※この時は沸騰させた状態で10分。
※いわゆる『ゆでこぼし』。

それを、あと2回繰り返す。
※↑苦行その③。
※そして作業時間の延長を覚悟します。

これで皮の苦味を取る大事な作業です。
※もう苦くてもええで。って心折れそうなるけどな。
※負けないで。

そして、しっかり柔らかくなったのを確認したらザルにあけ、水でよく洗って水を切り、2mm幅にスライス。

※苦行④。
※2mm幅と言いながら心が折れまくって1/3ぐらいが3mm幅になってます。
※もう2mmと3mmの違いとかどうでもいい。

私はここでみかんをカット。

洗ったみかんを皮のまま縦半分にカットし、それを横2mm幅でスライスします。
※気分が変わったのかこの時は上手に2mm幅にすることができました。
※同じ柑橘類なのに不思議だね。
※ちなみにみかんは皮に苦味が少ないのでゆでこぼしは不要です。

そして、みかん・すだちの皮・すだちの実を鍋に投入し
※やっと煮れる。やっと煮れる。
※苦行からの解放。

総量の60%の半分のグラニュー糖を加え、火にかけます。
※↑残りの半分は翌日使います。
※やっと煮れる。やっと煮れる。
※早く煮て。煮させて。どうか私に煮る作業を。
※↑煮欲がスゴい。

弱めの中火で、常にかき混ぜながら全体的に火を通します。
※手を止めるとすぐ鍋底にくっついて焦げるので手は止めない。
※新しい苦行。↑

皮がふんわりして、ボヤっとしたら火を止めます。
※茎わかめじゃないのよ。

粗熱が取れたら、表面にピッタリラップをして冷蔵庫に入れます。

これで、1日目終了。
※まさかの二日かかるシステム。
※ゆっくり一晩かけて甘さをしみこませます。

今日の記事もこれで終了。
※思い出しただけで疲れた。
※ジャム一晩寝かせる前に自分が寝たいわ。言うて。
※終わり方寒ない。

続きはまた次回。

CUIRE  ONLINE SHOP
カテゴリー
recipeジャム
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP