【レシピ】シナモンアップルクランブルケーキ。

recipe

目指せアップルパイ!なアップルケーキを目指して。

アップルパイ、食べたいけどめんどくないですか?
※パイ生地とかめっちゃめんどいし、あの網あみの被せるやつとかどうやったらそんなんなれるん。レベルやん。

でも食べたいじゃないですか。
※無限ループ。

そんなあなたに、今回は『アップルパイみたいなケーキ』を作りたいと思います。
※アップルパイはめんどいけどアップルケーキはめんどくない人って人口の何%よ。

しんなりするまでりんごを煮て、たっぷりのシナモンをふりかけたアップルフィリング

それだけでもはやアップルパイ。
※パイとケーキにする必要性・・。

パイ生地のようなサクサク食感は、クランブルを乗せて対応。
※そこまでこだわるならアップルパイ作った方が早いのでは。

そんな、まるでアップルパイ。なケーキです。

では、レッツ☆アップルパイ。
※パイちゃうパイちゃう。w
※↑何がオモロいねん。

シナモンアップルクランブルケーキのレシピ。

まずは、基本のパウンドケーキのレシピをおさらい。
※おさらいが過ぎるぞ。
※いや、さらっといて損はないから。
※「おさらい」って「さらっとく」「さらっとかない」で表現するもんなんか。

このレシピに、アップルフィリングを加え、クランブルをクランブるだけ。
※今日は動詞化の日。か。

簡単ではないけど、美味しいですよ。
※手間と美味しさは比例する。
※↑出た。普通の事を格言みたいに言うやつ。

材料(18cmパウンド型1台分)

  • りんご・・・1個(できれば紅玉かジョナ)
  • 無塩バター(アップルフィリング用)・・・10g
  • ブラウンシュガー(アップルフィリング用)・・・25g
  • りんごのリキュール・・・小さじ1
    ※なくても可。
    ※↑じゃあ何で入れるん?って思わん?
    ※それは自分で考えて。
  • シナモンパウダー・・・好きなだけ
  • 無塩バター・・・100g
  • ブラウンシュガー・・・80g
  • 卵・・・100g
  • 薄力粉(エクリチュール)・・・80g
  • アーモンドプードル・・・20g
  • ベーキングパウダー・・・3g

☆クランブル

  • 無塩バター・・・20g
  • グラニュー糖・・・20g
  • 薄力粉・・・20g
  • アーモンドプードル・・・20g
  • 塩・・・2つまみ
    ※なかったら不可。
    ※↑「なくても可」の逆的な。
  • シナモンパウダー・・・好きなだけ

クランブルは、バターと砂糖と薄力粉とアーモンドプードルを同量

プラス塩ぺっ。ぺっ。と覚えておこう。
※初めちょろちょろ中パッパ。か。

他のお菓子にも使えるので、覚えておくと便利です。

下準備

・バタ子さんと卵は室温に戻しておく
 ※バタ子は元々室温。
 ※というか人肌。
・薄力粉、アーモンドプードル、ベーキングパウダーは合わせて軽く混ぜておく
・クランブル用のバターは角切りにして冷蔵庫で冷やしておく

 ※冷やしたり室温に戻したりややこしな。
・りんごは縦に8等分し、3mm程度の厚さにカットしておく
・オーブンの予熱は170℃に設定しておく
・「シナモンアップルクランブルケーキ」てどれか削られへんかったんか。と呟く。

 ※でも長いと意外と覚えられる不思議。

➀クランブルを仕込む。
冷蔵庫で冷やしておいた角切りバターと、その他クランブルの材料をボウルに入れ、指でバターをつぶすように混ぜる。
粉っぽさがなくなって、生地がまとまってきたら冷蔵庫で冷やしておく。

※出したそばから入れ直す。

※何かのエサ感。

➁りんごのフィリングを作る。
鍋にカットしたりんご、フィリング用バター、ブラウンシュガーを入れ、中弱火にかける。

※最初は焦げやすいので混ぜながらその時を待つ。
※その時っていつ。

りんごから水分が出てきたらしばらく煮詰め、りんごがしんなりするまで煮続ける。
りんごがはんなりしたら、シナモンをふりかけ混ぜる。

※京・・・都?

そのまま煮て水分がほぼなくなったら最後にりんごのリキュールを加え混ぜ、軽く混ぜてから火からおろし、バット等に広げ冷ましておく。

水分がほとんどなくなって、りんごをゴムベラで触るとポニョっとしたらフィリングの完成です。
※「ポニョ」がわかりそうでわからない件。

➁やっとケーキが作れます。
※待たせたな。

ポマード状のバターにブラウンシュガーを加え、白っぽくなるまで撹拌する。
といた卵を3~4回に分け加え、その都度よく撹拌して乳化させる。

③合わせておいた粉類をふるいながら加え、ゴムベラで切るように混ぜる。
粉っぽさがなくなりかけたらりんごのフィリングを加え、粉っぽさがなくなってツヤが出るまで混ぜる。

④型紙を敷いた型に入れ舟形にならしたら、冷蔵庫でスタンバっていたクランブルをちぎりながらランダムに乗せる。
しっかり乗るように、上から軽く押してクランブルを埋め込む。
埋め込みに成功したら、予熱していた170℃のオーブンで40分から45分焼成する。

※埋め込みってそんなムズいんですか?

⑤焼きあがったら型のまま5分冷まし、型から外して粗熱が取れたらほんのり温かいうちにラップに包んで完全に冷ます。

バターが馴染んだ翌日が食べごろです。

サクサクしっとりアップルケーキ。

クランブルはサクサク、ケーキはりんごでしっとり。

シナモンがきいたりんごがアップルパイみたいで美味しい!
※もうアップルパイ食っとけよ。

このアップルフィリング、このケーキ以外でもめっちゃ使えるんです。

ジャム代わりにパンに乗せたり、お得意のヨーグルトのトッピング、あとアップルパイ。
※そもそもアップルパイのフィリングですから。

キャメルりんごの時と同じ事言うてますけどね。
※とにかくりんごを煮る女。

でもキャラメルりんごより甘さ控えめです。

シナモンがお好きな方はシナモンパウダーも常備しておくと便利ですよ。

他のお菓子にも使えるし、紅茶に入れたりしても美味しいので。

キャラメルりんごを含め、私はいい加減アップルパイ作った方がいい。
※誰か先にこのフィリングで作ってください。

そんなアップルケーキです。
※どんな。

アップルパイが食べたいけど、逆に。な時におすすめです。



CUIRE  ONLINE SHOP
カテゴリー
recipeパウンドケーキ
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP