【レシピ】苦手克服「モンブラン」。

recipe

「モンブラン」を簡単に作り隊。

正直苦手なんですよね。モンブラン

でも、我らがフランス菓子なのでね。
※L・O・V・E・フランス・菓子♡
※語呂が悪い。

克服のために作りました。
※実は何回も作ってるけど未だ上手になりません。

何が難しいって、あの最後に巻き巻きするとぐろのマロンペーストですよ。

あれが何回やっても上手になりません。
※頑張って頑張っても上手くならなくて、最後は「でも私モンブラン専門パティシエちゃうしな!」とか無駄にブチ切れる。ってゆー。

だから、苦手克服
※同じく苦手という方は、肩を抱き合いながら共に頑張りましょう。
※「ソーシャルディスタンス」を覚えよう。

でも、それ以外は意外と簡単です。

土台とマロンクリームを作って組み立てるだけですから。
※↑文にすると1行で終わる作業。
※↑実際やったら2時間はかかる。

でも、お味は本格モンブランですよ。

では、レッツ☆アルプス山脈。
※モンブランはアルプス山脈の最高峰です。標高4810m。
※いやそんな食べられへんてー。言うて。

甘栗を使った「モンブラン」のレシピ。

モンブランは、本来フランスでは土台がメレンゲでできているのが定番ですが

日本ではケーキ生地の土台が定番。

というワケで、ケーキを土台に作りました
※フランス菓子リスペクト魂どこ行ったん。

かつ、栗にはお得意の「甘栗」使ってます
※甘栗大使かよ。

デコレーションに使う甘栗は火を通さないので、硬くなる心配もナッスィン。
※「無い」の方が早いで。

ささ、気軽にお作りください。
※↑とぐろ地獄への招待状。

材料(6個分)

☆土台☆

  • 無塩バター・・・38g
  • ブラウンシュガー・・・35g
  • 卵・・・50g
  • 牛乳・・・35g
  • 薄力粉・・・80g
    ※今回は特宝笠を使用。
  • ベーキングパウダー・・・4g

☆モンブランクリーム☆

  • マロンペースト・・・200g
  • ラム酒・・・小さじ1
  • 生クリーム・・・150ml
  • 甘栗・・・12個

下準備

・薄力粉とベーキングパウダーは合わせて軽く混ぜておく

・バターと卵は常温に戻しておく

・マフィン型に薄くバターを塗るかオイルスプレーを吹き付けておく。
 ※できれば立ち上がりが垂直な方がおすすめよ。

・オーブンの余熱は180℃に設定しておく。

・自分から作ろう!と思ったのに、この時点でちょっとブルーになる。
 ※上手くできるか不安・・。

・いや違う!失敗は成功の母だった!と思い直す。
 ※情緒どうなってんねん。

使用型。↓

使用マロンペースト。↓

【手順】

土台のケーキを作る。
※今回はマフィン生地を1/3量で作って土台にしました。

室温に戻したバターにブラウンシュガーを加え、白っぽくなるまで混ぜる。

①に卵を2〜3回に分け加え、その都度よく乳化するまで混ぜる。

合わせておいた粉類を1/3量ふるいながら加え、ゴムベラで混ぜたら、粉っぽさがなくなる手前で牛乳の1/3量を加えて馴染むまで混ぜる。


それをあと2回繰り返し、粉気の無いツヤのある生地に仕上げる。

型に生地を等分して入れ、表面をならしたら、余熱しておいた180℃のオーブンで15分焼成する。

焼けらた型から外して冷ましておく。

※この膨らんだ “おへそ” が後に役立ちます。

生クリームをボウルに入れ、ボウルの底を氷水にあてながら泡立てる。
7分立てまで泡立てたら70g程度を取り分けて、残りの生クリームを8〜9分立てまで泡立てる。
8分立ての生クリームは丸口金をセットした絞り袋に詰めておく。
※取り分けた70gの生クリームはマロンクリーム用です。

※つまみ食い用ではありません。

冷ました土台の生地に、「ちょん。」ぐらいの生クリームを絞り、甘栗を1粒ずつ乗せる。
※こんなお菓子があってもいいと思う。
※↑この後のマロンデコレーションへの緊張による現実逃避。

甘栗を囲むように、生クリームを巻き絞る。

※「巻き絞る」って日本語斬新よね。
※ロックバンドの名前みたい。
※↑多分「マキシムザホルモン」の事やと思う。

絞った生クリームを山形に整える。
できたら冷蔵庫で冷やしておく。

※左の子は甘栗の形の関係で残念な形になっていますが、こうならないように右側を参考にしましょう。
※ちなみに裾野は広げ過ぎず、高さも出し過ぎないようにすると、マロンペーストが巻きやすいよ。
※モンブランは最高峰かもしれんけど、このモンブランは小山が理想。
※「天保山」ぐらいで大丈夫。
※↑大阪人のみ大爆笑。

マロンクリームを作る。
フードプロセッサーにマロンペースト、取り分けておいた生クリーム、ラム酒を入れ撹拌する。

マロンペーストには細かい栗の粒が入っているので、それが潰れて完全にクリーム状になるまでしっかり撹拌する。
※粒が残っているとモンブラン口金が詰まるよ。
※やった事あるやろ。しかもトラウマやろ。↑

モンブラン口金をセットした絞り袋にマロンクリームを詰めて、⑥の土台に巻いていく。
裾野の方から山頂に向かって円を描くように巻く。
山と口金は少し離して、マロンクリームが少し“垂れる”ような状態で巻くとやりやすいです。

※「やりやすい」とはいえこれが限界。
※ちなみに失敗したらパレットナイフとかでそぉ〜っとマロンクリームだけ外せるよ。
※ヅラ外す要領で綺麗に剥がせるからやってみて。
※↑いや被ってないからわからんし。

もうこれは練習しかないのですが、完璧を求めずとも

仕上げに甘栗と粉糖をかければそれなりにプロっぽく見えるので、最後良ければ全て良し

と、適度に自分を甘やかす事も覚えておきましょう。
※人生とモンブランは最終どうにかなる。
※↑どこで役立つ名言やねん。

ついでにケーキピックでダメ押ししたら、完成です
※ズルいぞ。ケーキピック。w

手軽な方の「本格モンブラン」が作れるレシピ。

とはいえ味は美味しいんですよ。このモンブラン。

マロンクリームの味が決め手なんですが、マロンペーストがまず美味しいから

味は安定して美味しいものができる。
※後はほぼ失敗のしようがない。
※味はね。

だからこのレシピは、「本格モンブラン」の中では手軽な方だと思います。
※上には上がいるからね。
※このブログのレシピが大体失敗なく作れるレベルの方には「屁」のちょい上、「尻」ぐらいです。
※→「屁」の上は果たして「尻」なのか問題。

後はとぐろの訓練だけですよ、奥さん。

もうこれは、たくさん数をこなすしかないですね。

私ももっと上手になりたいわー。
※失敗して剥がす方が上手になってる場合じゃない。

というワケで、この秋はモンブラン強化月間として、みなさん頑張りましょう。
※秋のモンブラン強化月間。か。

こうすると上手に巻けるよー!という情報があれば、コメントください。
※最後は人頼み。

製菓材料まとめて買うならcotta ←がお得で便利です。


CUIRE  ONLINE SHOP
カテゴリー
recipeその他
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP