【レシピ】プロが教えるスノーボールクッキーの作り方。

recipe
※本ブログは、記事内に広告が含まれています。

そうだ!プロ級のスノーボールクッキー作ろう!

スノーボールがプロ級に美味しくできたら、とっても嬉しくないですか?
※プロのスノーボーラーになりたくはないですか?
※↑新しいスポーツか何かですか?

スノーボールのレシピは数あれど、こんなにホロホロで繊細なスノーボールは他にない。と豪語したい。
※豪語だけなら勝手にすればいい。

そんなCUIREご自慢のスノーボールクッキー、『ブール・ド・ネージュ』のレシピをご紹介します。
※急に「ブール・ド・ネージュ」とか言い出してごめん。
※同じ意味よ。
※国によって呼び名が違うだけなんよ。
※『ルシアンクッキー』って呼ばれる事もあるよ。
※↑中に1個だけからしが入ってるやつじゃないよ。

スノーボールクッキーをCUIREでは『ブール・ド・ネージュ』と呼んでいます。
※おフランスではそう呼ばれてるからね。
※え?私ですか?純日本人です。

そんなスノーボールクッキー、実は完成までに4日かかります
※いや素でビビらん?
※クッキーで4日かかるとかマジ意味わからん。
※って言いながら作ってます。
※結局真面目か。

4日かかるだけあって、CUIREでも大人気のお菓子です。
※私自身大好きで可愛くてたまりません。
※食べちゃいたい。←いや食べて。
※友達がこのお菓子好き過ぎて「1日3個まで。って決めてる。」って謎の食べ方を教えてくれました。

そもそもこのお菓子、スペインの伝統菓子『ポルボロン』がルーツと言われており
※いや更に意味がわからん。

CUIREでもポルボロンの作り方を参考にレシピを作りました。

お口に入れた瞬間、ホロホロっと消えてなくなるような食感は、確かに1日3個まで。と決めなければとめどなく食べてしまう美味しさ。

ちなみにその食感から、スペインではお口の中で溶けてなくなるまでに「ポルボロン・ポルボロン・ポルボロン」と頭の中で3回唱えられたら願いが叶う。と言われているそうです。
※流れ星的な。
※願う前に自分なりに努力しよう。

そのホロホロ感を出すのに、実に約1カ月はかかりました。
※↑そんなに長くない残念さと『約』の曖昧さが気になる。

苦労の末にできた、CUIRE自慢のクッキーです。

とはいえ工程自体は超簡単です。

そんな、クッキー生地を丸めて焼いて粉糖をかけただけではない、真のホロホロスノーボールクッキーのレシピを、みなさんと共有し隊。

スノーボールクッキー(ブール・ド・ネージュ)のレシピ。

材料(約22個分)

※材料のリンクを開くと、それぞれ実際使っている材料が見れます。

下準備

・バターは室温に戻しておく
薄力粉を180℃のオーブンで20分焼き、冷ましておく。

え?焼くの?薄力粉を?

イエス。焼くのです。薄力粉を。それが、ブール・ド・ネージュ。
※じゃなくて、それがポルボロンです。
※何言うてるかわからんので後で説明しますね。

手順

室温に戻したバターに、粉糖とバニラペーストを加え、少しふぁっ。とするまで撹拌する。

※ふぁっ。と感伝わってますか?

焼いて冷ました薄力粉とアーモンドプードルをふるい入れ、切るように混ぜる。
※もとい、斬るように。
※縦に縦に。そして縦に。
※かなりパラパラして混ぜにくいですが、婚期よく混ぜていくとまとまってきます。
※誰が遅れてる婚期。やねん。
※もとい、根気。

ひとまとまりになったら、ラップで包み一晩寝かす。
※最悪3時間


※『ひとまとまり』とは言うものの、多少モロモロします。
※割とむりやりひとまとまりにする感じで大丈夫です。
※『ひとまとまり』の常識に囚われないで。

寝かせておいた生地を室温に戻し、1粒7gになるように計量し、丸める。

※モロモロ続行のため非常に丸めにくいですが、心折れず頑張って。
※ちなみに夏はバターが柔らかくなるためまだ丸めやすいです。
※冬は要注意。
※どうしてもまとめにくい時はラップに包んでギュっ。とすると丸くまとまりやすいです。

形成したら冷蔵庫で一晩寝かせる
※出ました。一晩寝かせるシリーズ。
※子守唄を歌ってあげると美味しいブール・ド・ネージュになります。
※ニワトリにクラッシック聴かせる的な。
※もちろんウソです。


天板に並べ、160℃のオーブンで22分焼成する。
※途中天板を回転させて焼きムラを防ぐ。
※そしてこの辺りから画像がなくなる。
※なんでや。


焼けたら冷まして、乾燥剤と一緒にチャック付き袋に入れ、一晩おく。
※焼成した当日よりバターが馴染んだ翌日の方が粉糖がまんべんなくキレイに付きます

乾燥剤を取り出し、クッキーが入った袋に粉糖を入れ、しっかりフタをしてシャカシャカする。
※シャカシャカポテトの要領で。


10分程おいたら更に粉糖を追加し、再びシャカシャカしたら、ようやく出来上がり
※ジャンガジャンガ。でもええよ。
※アンガールズみたいになるけどな。
※一度目の粉糖はクッキーの油分で吸い取られてしまうので必ず少し時間をあけて二度まぶします。

卵不使用のさくホロスノーボールクッキー。

な。4日かかったやろ。
※なんでドヤ顔。

本当に手間暇かかってるんです。このお菓子。

スノーボールと言っても、市販されているものの食感は、ポリポリしたものからホロホロしたものまで様々。
※丸くて粉糖がかかってるただのクッキーじゃないって事よ。
※色々あんのよ。ブール・ド・ネージュ側にも。

でも、このレシピで作ったCUIREのスノーボールクッキーは、そのホロホロを追求し、ポルボロンから作り方のヒントを得た、究極のホロホロクッキーなのです。
※ホロホロのホロホロによるホロホロのためのクッキー。
※ホロッホー。は鳩。

そもそもポルボロンというクッキーは、薄力粉を焼く事で極限まで水分を飛ばしカラカラの状態で作ってホロホロ食感を出すお菓子。
※カラカラからホロホロへ。
※何回「ホロホロ」言うん。

それをスノーボールクッキーに取り入れて作っています。

確かに時間はかかります。でもその分、食べた時の感動はひとしお。
※そらな。ってなる。

この感動をあなたにも、あげたい。
※あなたにも、チェルシー、あげたい。のやつ。

ちなみに、卵を使わないので、卵アレルギーの方にも喜ばれるお菓子です。
※なかなか無いからね。卵使わないお菓子。

このレシピを見ながら、手間と時間をかけてこの特別な食感と味を体験してもらうもよし。食べたいけれど作るのはめんどくさい、という方はぜひCUIREオンラインショップよりお買い求めください。
※ぜひめんどくさいと思って。

カテゴリー
recipeクッキー
スポンサーリンク
シェアする
CUIRE 焼き菓子研究所

  1. 小麦粉を焼くのは初耳でした!
    なので煮込みハンバー以外で初めて焼きました笑
    小麦粉130、アーモンドプードル40で作ったんですけど、まとまるのか不安で半分弱だけ焼いてみたらそれでもいつもと全然違いました!
    焼いた小麦粉は乾燥してますが、アーモンドプードルが少ないと生地はまとまりにくくなりますか?

    • 沙生さん、おはこんばんちは^_^
      私は逆に煮込みハンバーグで小麦粉を焼いたことがありません笑笑

      アーモンドプードルの量は、あのレシピの配合が限界かな・・・と思います(>_<) それより減らすと、おっしゃる通りカッサカサのモッロモロで、まとまらなくなってしまいます・・。 実際薄力粉の量を倍量間違えて、カッサカサ現象になった人が言うから間違いない。←それ俺な。 アーモンドプードルの役割としては、まとまりやすさだけでなくアーモンドの香ばしさもプラスしてくれるので、その辺りも考慮して、お好みの配合を見つけてください☆ 沙生さんのお菓子作りライフが充実したものになりますように♡ ☆kinako☆

PAGE TOP