【検証】シルパンとクッキングシートの違い。

tool

同じクッキーを「シルパン」と「クッキングシート」で焼いてみた。

いつだったか・・・シルパンについて語った・・と・・思う・・。
※20年前ぐらいの記憶の雰囲気。↑
※調べたら10ヶ月前でした。

でも実際、シルパンとクッキングシートで焼いたお菓子の違い

目の当たりにした事はありますか?
※急に変なテンションで問いかける。

私は目の当たりにしました。
※したのね。

ちょっと笑ってしまうぐらい違いが出たので、共有したいと思います。
※どこで笑ったらいいん。

「シルパン」と「クッキングシート」で焼いたクッキーの違い。

今回焼いたのは、ソフトクッキー
※カントリーマアム的なアレです。

柔らかい生地で、焼くと広がるタイプの「広がり系クッキー」で試してます。
※そんな系統初めて聞いたぞ。おい。

焼いた時の広がり方、それによる厚み、硬さ等、シルパンとクッキングシートで顕著に違いが出たので、それぞれ見ていきましょう。
※「顕著」とか使ってちょっと緊張してます。
※↑ちょっとバカなん。

まずは広がり方。

↑シルパン。
※シルパン年季入ってますね。
※買い替えたのに古い方使っちゃいました。(照

↑クッキングシート。

シルパンクッキーがふっくらした感じなのに対して、クッキングシートクッキーはペチャっとした印象。

シートから剥がすと、裏側はそれぞれこうなっています。↓

ちょっと一部剥がれてますが、左はシルパンの網目がクッキリ出ています。
※通常のサブレなんかの時は、この網目が可愛いのよね。
※「網目が可愛い」って新感覚。↑

横から見ると

↑シルパン。

↑クッキングシート。
※ちなみに、同じ生地を同じ温度で同じ時間、同時に焼いています。
※「同じ」三段活用?

やっぱりクッキングシートクッキーはペチャっとしています。

原因としては、シルパンは網目に生地が引っかかって広がりにくく
※その代わり焼成後の生地がシートから剥がしにくい。

クッキングシートはシートの上で生地が滑るので、広がりやすい。

とはいえ、広がらない方がいいかというと、作るお菓子によっては広がる方が良かったりもするので

広げたい時はクッキングシートを使いましょう。
※お菓子を広げ隊。
※隊員随時募集中。

そして、広がり方からの、厚み。↓

Yes。右がクッキングシート。
※でしょうね。

広がる分、厚みが薄くなります。
※でしょうね。(再

カットしてみると

こうなります。
※でしょうね。(再々

この広がり方が、食感にどう影響するかと言うと

広がったクッキングシートクッキーは、縁の部分に火が通りやすく

縁がカリカリ。
※中はふんわり。

対してシルパンの方は、縁までふんわり
※中もふんわり。
※どこまで行っても、ふんわり。

ですが、忘れてはならないシルパンの特徴として、「余分な油分が網目から落ちる」というのがあるので

余計な油分が落ちたシルパンクッキーは、クッキングシートクッキーに比べ「サクっ」と感があります。
※クッキングシートの方がいい意味で「ねっとり」してる。

これは、通常のクッキーだったらサクサク感が増していい〜感じ〜♪
※PUFFY。やで。
※「これが私の生きる道」やで。

ですが、ソフトクッキーの場合は「ねっちり感」が欲しいので、ソフトクッキーにはクッキングシートの方が向いてるかな、と思います。

「シルパン」と「クッキングシート」は、使い分けるのが正解。

今回のソフトクッキーに関しては、クッキングシートの方が理想の仕上がりになりました。

結局のところ、シルパン持ってるとなんでもかんでもシルパン一択

みたいになりがちなんですが、本当は作るお菓子によって使い分けるのが正解
※なんでか叱られた感。
※しょんぼりすな。↑

厚みを出したいのか?サクサクに仕上げたいのか?余分な油分は本当に必要ないのか?
※最後哲学みたいになったけど。

等、仕上げたい理想に近づけるには、どちらを使えばいいのかを考えて

使い分けましょう。

※オーブンの天板のサイズに合わせて買ってね。

CUIRE  ONLINE SHOP
カテゴリー
tool
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP