【レシピ】マスカルポーネと水切りヨーグルトで作るティラミスのレシピ。

recipe

「ティラミス」は自由だ!という話。

先日のヨーグルト食べ比べで、ヨーグルトの大量消費に追われたある日

同時に別件でマスカルポーネチーズの消費にも追われていた私は、考えた。
※いつも何かに追われている説。

そして、閃いた。

そうだ!ティラミスを作ろう!
※タモさんの「そうだ!京都行こう!」の親戚。

マスカルポーネチーズ、ヨーグルト、余ったココアビスケットがあれば
※ココアビスケットにも追われてたんか。

美味しいティラミスっぽいやつができるはず!
※どんなやつ。

そうだ!ティラミスは自由なんだ!

もっと自由にティラミスを楽しもう!

そう考えた末、できたレシピです。
※そうです。もはやティラミスではありません。
※それっぽい美味しいだけのやつです。
※だからどんなやつ。

もはやティラミスの原型をとどめていないので、ティラミスが苦手な方でも食べられます。
※苦手だけど食べたい。という方に。
※↑人口の何%おるん。

では、レッツ☆それっぽいやつ。
※どれっぽいやつ。

コーヒービスケット無し!マスカルポーネと水切りヨーグルトを使ったティラミスのレシピ。

ココアビスケットを使ったので、コーヒー漬けのビスケットは不要です。
※ひと手間省けたね。
※コーヒー味の代わりにココア味だから、子供も食べやすいよ。

どうしてもコーヒービスケット味で作りたい場合は、もちろんそれでもOKです。
※ティラミスは自由!なのでね。

その他、チョコチップクッキーとか、野爆のくっきーでもOKです。
※いくら自由って言うてもくーちゃんはやり過ぎやろう。↑

マスカルポーネはクリームチーズでも、水切りヨーグルトをクリームチーズにしても

最終ティラミスっぽければ、何でもアリです。
※自由なのでね。ティラミスって。

材料(野田琺瑯 タッパーMサイズ(18.3×12.5×H6.2cm) 1台分)

  • クリームサンドココアビスケット・・・95g(6枚)
    ※↑オレオ的なやつね。
  • マスカルポーネチーズ・・・50g
  • 水切りヨーグルト・・・50g
    ※今回は生乳ヨーグルト使用。
  • 牛乳・・・40ml
  • 卵黄・・・1個
  • グラニュー糖・・・40g
  • 生クリーム・・・200ml

下準備

・ヨーグルトは前日から水を切っておく。
 ※別件で忙しくて水切ったまま1.5日放置したらカっスカスの水切りヨーグルトになったけど、それはそれで功を奏した時。

・マスカルポーネチーズ、水切りヨーグルトは常温に戻して柔らかくしておく。

・ティラミスは自由だ!と叫ぼう。
 ※叫ぶ事で美味しくなります。
 ※「美味しくな〜れ♪萌え萌えキュン♡」のゴリラバージョンです。

【手順】

ビスケットをチャック付き袋に入れて口を閉じ、揉む。
※新しい製菓技法。「揉む」。

大きな塊がなくなればOK。
完全にくだくだにならなくてもいいです。
ちなみにクリームはついたままで大丈夫です。

※要は雑でOK。

牛乳を沸騰直前まで温める。
※沸騰させないように気をつけて。

牛乳が温まったら、といた卵黄とグラニュー糖を混ぜたものを加える。
絶えず弱火で混ぜながら、とろみがつくまでこねくり回す。

※こねくる必要性。

※ゴムベラで混ぜた跡が残る程度までね。

ボウルにマスカルポーネと水切りヨーグルトを入れ、なじませてから、②の卵を少しずつ加え、その都度なじむまでよく混ぜる。

最終的に薄い黄色のプーさんカラーにする。

※はちみつだ〜い好き!

別のボウルに生クリームを入れ、ボウルの底を氷水にあてながら、8分立てまで泡立てる。

泡立てた生クリームに、③のプーさんを3回ぐらいに分け加え、その都度撹拌する。
※3回に分け、撹拌されるプーさん。
※よしなさいってば。

最終的に、ふんわりした薄い黄色のプーさんになる。
※プーさんから離れて。

これでティラミス生地は完成です。

容器に砕いたココアビスケットの半量を敷き、上からティラミス生地を半量乗せる。
※もとい、薄いプーさん。

さらに上から残りのココアビスケット、残りのティラミス生地を乗せる。

※実際は配分間違えて、下段2/3、上段1/3になりましたけどね。
※でもティラミスは自由なので。
※↑って言えばいいと思ってる説。

この状態で蓋をして、冷蔵庫で3時間〜一晩冷やす。

ココアパウダーをふりかけて完成。
容器の縁にマステで養生すると、ココアパウダーがはみ出ないので便利です。

※無言で立て続けに画像のみアップする女。

ティラミスかどうかじゃない。美味しければそれがティラミス。

大きめのスプーンでザックリ取り分けてね。ザックリ食べるんです。こういうお菓子は。

それでも、見た目はティラミス。

本家ティラミスのように、コーヒー味はしませんけどね。

ココア味でも充分美味しい。というか、個人的にはこちらの方が好きです。

水切りヨーグルトを使っていますが、カッスカスの水切りなので、しっかり硬さもあります。
※水切り過ぎて逆に良かった時。

通常のティラミスは、ぶっちゃけ中年の胃には重めに感じる事があるのですが
※急に油を受け付けなくなる時。

これはヨーグルト使用であっさり

でもしっかりクリーミー

でも見た目はティラミス。
※ティラミスにこだわってんのかこだわってないのか。

いや、ティラミスかどうかなんて、もはや関係ないのです。
※情緒よ。

美味しそうなティラミスっぽいやつは、自分の中ではティラミスなんです。
※真実はそこにある。
※え、どこ。
※結局何言うてるんかわからん説。

とにかく、美味しければそれが正解
※↑お前のような人間が正解を決めていいわけがない。

これは、私にそれを教えてくれたレシピでした。
※最後なんとなくいい感じにまとめた感。↑

皆さんもぜひ、自由にティラミスを作ってください。

CUIRE  ONLINE SHOP
カテゴリー
recipeその他
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP