【レシピ】基本のもちもちクレープ。

recipe

クレープはフランスの“郷土料理”説。

クレープ』と聞いて、どんなお菓子を想像しますか?
※想像した事も無い。という方は個別で連絡ください。
※話がある。

フルーツやホイップを巻き巻きして、ピンクの可愛い紙に巻かれて、時々アイスなんか乗せちゃって、飾れるだけ飾って「わぁ~☆花束みたい♡」とか言うやつですか?
※偏見よ。

クレープって、そんなキラキラしたおやつじゃないんですよ。元々は。
※なんで怒られてるんか全くわからん時。

クレープは、元々フランスの地方菓子で、地元のばぁちゃんがそば粉と水を混ぜて作った郷土料理なんです。
※ばぁちゃんかどうかはわからんやろ。
※しかし、今のクレープからは考えられないぐらい地味。

そのそば粉クレープが進化を遂げ、来日し、可愛く飾られてみんなに愛されるあの形になったのです。
※ほぼ原形をとどめていません。

でもね。私はばぁちゃんが作った(であろう)クレープの方が、好き。

しっかり生地感を残し、ちゃんと粉を食べている感覚のあるクレープ。
※ほな粉食べとけや。
※というツっ込みは現在受け付けておりません。

今日は、そんな生地が美味しい基本のもちもちクレープのレシピです。

とはいえ結局フルーツもホイップも巻いてます。
※巻くんかい。
※流されとんのかい。

何を巻いても美味しくなるクレープ生地を目指しました。
※そこはばぁちゃんの味を目指せよ。

では、レッツ☆クレープ。
※↑まだ流行ってないけどどういう事?

基本のクレープレシピ。~小麦粉編~

材料(19cmぐらいのクレープ生地12枚分)

  • 薄力粉・・・70g
  • 強力粉・・・30g
  • 卵・・・L2個
  • 塩・・・ひとつまみ
  • グラニュー糖・・・20g
  • バニラオイル・・・適量
  • 無塩バター・・・20g
  • 牛乳・・・250ml
  • カルヴァドス・・・大さじ1

『カルヴァドス』って普通に言われても・・・よね。
※発音『ヴァ』でもう心折れそうになる。

フランスのノルマンディー地方で造られる、 リンゴを原料とする蒸留酒ですよ。

とはいえ普通に酒屋さんとかネットでも売ってます。
※安心してください。売ってますよ。

なくても作れますが、香りが全然違ってくるので、入手できる場合はぜひ入れてみてください。

下準備

・薄力粉と強力粉は合わせてボウルにふるい入れておく
・バターは湯せんかレンチンで溶かしバターにしておく
・フランスのばぁちゃんが作ったクレープを強くイメージする

※強くもなにも、見た事ないのにやで。

【手順】

ボウルにふるい入れた粉類の真ん中にくぼみを作り、中に卵、塩、グラニュー糖、バニラオイルを入れ、中心から外側に向かって粉の土手を崩すように混ぜていく。

※粉の土手秒速で決壊の時。

最終的にダマの無いなめらかなマヨネーズ状を目指せ。
※謎解きか。

➀に溶かしバターを加え、しっかり乳化させる。

※よく見て?バター入ってるから。アップにして見て?ちゃんと入ってるから。

➁に3~4回に分けて牛乳を加え、その都度よく混ぜる。

※牛乳入ってるのがよくわかる安心感。

最終的にダマもムラも無いサラっとした液状に仕上げ、一晩寝かせる。
※まさかのクレープまで寝かせるパターン。
※時間がなければ冷蔵庫で2時間程度でも許してもらえます。
※誰に許しを請うのか。

薄く油をひいたフライパンに生地を広げる。
※今回はIHを使っていますが、ガス火の場合は温めたフライパンを一旦濡れ布巾にあて、温度調節するとキレイに焼けます。
※IHの場合は強弱を焼きながら調整しましょう。
※ちなみに今回は24cmのフライパンを使用。

※最後の「ツー。」のとこ可愛い。w
※何がオモロいねん。

生地の縁の部分がパリパリになったら裏返し時。

IHなら180℃で4~5分、表が焼けたら裏返して30秒ぐらいサっと焼く。

これで生地は完成。

できたてをシンプルにシュガーバターでいただいても美味しい。
※この時のバターは有塩がおすすめ。

縁はパリパリ、中はもちもち。

しっかり生地に食べ応えのあるクレープ。

だけどね。

巻かずして終われますか?

フルーツとホイップ、巻かずに終われますか?って話ですよ。
※自分のさじ加減。

というワケで、巻きました。

『くるくる』ではないですが、折りたたむ方のやつです。

まずは、チョコバナナ。
※定番中の定番。
※食べんでもわかる美味しいやつやん。

完成した時、上にチョコソースがくるように、最初にチョコソースを中央に乗せる。

そしてバナナ&追いチョコソース。
※バカになるやつです。

それからホイップクリーム。
※もはやバカそのもののやつです。

両サイドをたたみ、上下をたたんで、ひっくり返したら

※断面は犯罪スレスレ。

フランスのばぁちゃんもビックリのチョコバナナクレープの完成。
※そしてまた追いチョコソース。
※好きだバカ。のやつ。

いちごバージョンも。

ベリーソースを生地中央に乗せ
※今回のベリーソースはスーパーでも売ってるいちごソースとブルーベリーソースを合わせただけのもの。
※ヨーグルトコーナーとかに置いてあるゆるめのジャムみたいなやつ。

いちごを乗せ
※もう美味しい。絶対美味しい。

ホイップクリーム。
※幸せしかない組み合わせ。

※四角くなるように隙間をホイップクリームで埋める。

たたんだら完成。

美味しいに決まってるでしょうがぁー!

※逮捕案件。

もういっちょ。マンゴーパイン。

※マンゴーソースに具がパイナップル。

※南国×南国の脅威。

生地がしっかりもちもちしているので、ホイップクリーム多めでもしつこくない。
※生地が薄いとほぼホイップ食べてる。みたいになるやん。

もう少し小さいフライパンで焼いて、ミルクレープにしても美味しい。

巻いても巻かなくても美味しい。
※結果『巻いた』というより『畳んだ』が正解。

1枚ずつラップに包めば、冷凍もできます。

ご家庭にあるものでオーブン無しでもできるお菓子なので、手軽に作りたい時にできるのが魅力。
※とはいえ2日かかるけどな。

とはいえあれば欲しい・・・

フレンチパン!

クレープ専用のフライパンなのです。
※次のクリスマスはサンタさんにこれをお願いしようと思っています。
※その前に自分で買え。

次回はぜひフレンチパンで、そば粉のクレープをご紹介できるように頑張ります。
※何をどう頑張るのか。

CUIRE  ONLINE SHOP
カテゴリー
recipeクレープ
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP