【レシピ】八朔と清見オレンジのマーマレードジャム。

recipe

冬の柑橘系集大成ジャムはこのブレンドでした。

八朔、美味しいよね。

勝手に『和製グレープフルーツ』と呼んでるぐらい好きなんです。八朔。
※本当の和製グレープフルーツは『河内晩柑』ですけどね。

あの酸味と、ほんのり苦味と、プリっとした果肉の食感が大好き。
※八朔側は私の事どう思ってるかっ知らんけど。
※いやどないも思ってないやろ。

でも、その苦味、苦手な人もいますよね。
※『苦味』なだけに。
※へぇ。

というワケで、その苦味と酸味をカヴァーする、甘味と香りの強い清見オレンジをブレンドしてみました。
※「カヴァー」のとこネイティブ出てゴメン。

そしたら、冬の柑橘系集大成。みたいな酸味、甘味、香り、ほんのり苦味が集結した

最高の柑橘ブレンドになりました。
※一言で言うと、めっちゃ美味しい。

ただ、めっちゃ手間がかかります。

だからこそ、『〇〇しごと』が大好きなあなたにぜひおすすめしたい。
※栗しごと、梅しごと、八朔しごと。

美味しいジャムのためなら手間を惜しまない方々に贈る、最強柑橘系ブレンドのレシピを

どうぞお楽しみください。

八朔と清見オレンジのマーマレードジャムレシピ。 ~工程多め。~

材料(140mlのジャム瓶10本強)

  • 八朔・・・4玉
  • 清見オレンジ・・・4玉
  • レモン果汁・・・大さじ3
  • グラニュー糖・・・皮と実の正味量の60%
    ※今回は皮と実合わせて約1,600gあったので960gのグラニュー糖を使用しています。
    ※使う時は一日目に半量、二日目に半量+ペクチンとなります。

下準備

・八朔と清見オレンジは冷水でよく洗い、水気を拭き取っておく
・ジャム瓶は煮沸消毒するか、100℃のオーブンで20分程度空焼きし、殺菌しておく
・グラニュー糖の半分とペクチンを混ぜておく
・部屋全体が柑橘系の香りでいっぱいになるので、来客時にスーパー銭湯に間違えられないよう気を付ける

【工程】

➀一日目。八朔と清見オレンジは皮を剥き、皮とわた(アルベド)の間にナイフを入れ、わたを取り除く。

※外皮むきには100均の皮むき器が超絶便利です。
※今度紹介しますね。
※それより「アルベド」って何やねん。

皮は4枚でむいて、さらに縦に半分にすると(8分割)削ぎやすくわたが取りやすいです。
※わたの部分が苦味なので、できるだけ取り除きたいけど、取り過ぎるとスライスし辛いからその辺のメンタルやられへんように気を付けて。

➁皮をスライサーで細切りにする。

※特に必要ないけどキレイだったので撮った写真。
※趣味でやっとけ。

スライスし辛い場合は、皮を2~3枚重ねると少しマシな気がします。
※気のせいなんかい。
※ちなみにこのために買った100均のスライサーが柑橘の酸にやられて真っ黄色に染まり、二度とその白を取り戻せなくなりました。
※柑橘系のスライスにはオールステンレスのスライサーを使おう。

③スライスした皮を鍋に入れ、たっぷりの水で火にかけ、沸騰してから10分間煮る。

④10分たったら火からおろし、ザルにあけ、鍋に戻して再び水から煮る。それを3回繰り返す。
※いわゆる煮こぼし。
※煮ぼしとちゃうよ。

⑤煮こぼしている間に実の皮をむいてボウルに入れておく。
清見オレンジは内皮が薄く皮と実に分け辛いので、ほぼ果汁でも可です。
※でもできるだけ内皮をむく感覚で。
※気持ちはあるねん。ぐらいでいいので。

⑥煮こぼし終わった皮、実、果汁を鍋に入れ、グラニュー糖の半分を加え、中弱火ぐらいの火にかける。

※なんか浅いな・・・と思ったら実入れ忘れてたわ。
※出た。柑橘系ドジっ子。
※↑いや聞いた事ないわ。

⑦八朔の塊がほぐれ、皮と実が一体化するまで煮詰めたら、火からおろす。
冷めたらボウルにあけ、表面にぴったりラップをして冷蔵庫で一晩寝かせる。

※これぐらいほぐれて一体化したら火からおろす。

⑧二日目。ボウルから鍋に移し、レモン果汁、残りのグラニュー糖とペクチンを合わせたものの半量を入れ火にかける。

⑨グラニュー糖が溶け、少しとろみがついてきたら、残りのグラニュー糖とペクチンを加え、とろみがついてグツグツ感が出てきたら火を止め、アツアツのうちに煮沸消毒した瓶に詰める。
※上がってくる気泡が「ポコポコ」から「むっくり、むっくり」に変わった時が目安。
※判り辛い場合は小皿に取って冷まして硬さを見てみて。
※瓶詰めは瓶のくちスレスレまで入れて蓋してね。
※瓶が熱くて持てないよ~の時は100均の滑り止め付き手袋が使いやすいよ。
※お節介おばさんか。

⑩逆さまにして完全に冷めたら出来上がり☆

八朔と清見オレンジのいいとこどりジャムの完成。

いやこれ本当に美味しいの。

元々柑橘系ジャムが好きな私ですが、特に好みのお味。

八朔のあっさりさと清見オレンジの濃厚さがちょーーーどいい感じにブレンドされていて

自分天才か。と思いました。
※思っとけ。

水切りヨーグルトに乗せたりなんかした日にゃ、あんたこれもうデザートやで。
※どこの近所のおばさん。

パン×サワークリーム×マーマレードなんて、もはやケーキ。
※いやパンやろ。

ちょっと余裕のある日のおうち時間に、ぜひ作ってみてください☆

作るのが面倒、でも食べたい。というワガママボディのあなたには、CUIREオンラインショップにて販売していますので、ぜひご賞味ください。

CUIRE  ONLINE SHOP
カテゴリー
recipeジャム
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP