【レシピ】いちごのスノーボールクッキー。

recipe

乙女心をくすぐるピンクのスノーボールクッキー。

先日いちごジャムでも吠えましたが、やっぱり『いちご』って華やかです。
※吠えてはない。
※何言うてても吠えてるみたいに聞こえるかもしれんけど吠えてはない。

いちごを『いちご味』に加工しても、やっぱり華やか。

そのピンク色が、やっぱり乙女心をくすぐるのです。
※さすがの私もくすぐられるわよ。
※↑「さすがの」って自分で言うてくれて助かります。

今日は、そんなピンクのいちご風味スノーボールクッキーのレシピです。

とはいえ、いちご本人が登場するワケではありません。
※本人登場。じゃない方の。
※本人っていうか果実ね。

果肉は使わず、いちごパウダーとドライいちごで作ります。

なので通年作れます。
※365日がいちご祭。
※ストロベリー・フェスティバル。

とはいえ、やっぱり春に食べたい。と、乙女の着ぐるみを着たおっさんは思います。
※あ、それあたしね。

作り方は、基本のスノーボールクッキーとほぼ同じ。

少し違うのはバニラの代わりにいちごパウダーを加える事と、ドライいちごを入れるタイミングのみ。

作って、ぜひ乙女心くすぐられてください。
※↑おっさんはそれを酒の肴にして一杯ひっかけます。
※ちなみにおっさん(私)は下戸です。

いちごのスノーボールクッキー レシピ。

まずは基本のスノーボールクッキーのレシピを参照ください。↓

作り方がほぼ同じなので、今回はザックリレシピとなります。
※それをご承知いただけない場合は、個別でお問い合わせください。
※↑何の時間を奪うねん。

そしてひとつお詫びさせて。

基本のスノーボールクッキーのレシピの『アーモンドプードル』の量をめっちゃ間違えてました。
※いつも倍量で作るからその量を書いてしまいました。
※訂正しました。すでに作った方本当にすいません。
※それはホンマに個別でお問い合わせ欄に苦情ください。
※泣いて謝ります。
※↑それはそれでウザい。

材料(約25個分)

  • 薄力粉(エクリチュール)・・・70g
  • 無塩バター・・・60g
  • 粉糖・・・35g
  • アーモンドプードル・・・50g
    ※ホンマにゴメンて。
  • いちごパウダー・・・3g
  • フリーズドライいちご・・・2g
  • 仕上げ用粉糖・・・30g
  • 仕上げ用いちごパウダー・・・1g

基本のスノーボールクッキーとの違としては、バニラペーストがなくなって、いちごパウダーとフリーズドライいちごが飛び入り参加した事。
※町内会のカラオケ大会。か。

その他は同じです。

下準備

・薄力粉は180℃のオーブンで20分焼いて冷ましておく
・バターは室温に戻しておく
・焼いて冷ました薄力粉、アーモンドプードル、いちごパウダーは合わせて軽く混ぜておく


・ピンクのスノーボールクッキーを作っている自分を決して恥じない事
※ちょっと恥ずない?ピンクのちっこいやつ丸めてる自分、ちょっと恥ずない?w

【手順】

室温に戻してポマード状にしたバターに粉糖を加え、ダマの無いなめらかな状態になるまで混ぜる。

合わせておいた粉類をふるいながら入れ、ゴムベラを縦に持って斬るように混ぜる。
※「縦」のとこ「殺陣(タテ)」でも良かったかな。
※「斬る」に合わせて。
※↑どのタイミングで何を悩んでんねん。

生地がまとまってきたらドライいちごを加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
※↑ドライいちごが軽くて繊細なので、できるだけ最後の方に入れるのがコツ。
※繊細なんは私と同じやな。
※↑クチを縫われればいい。
※序盤で入れて混ぜまくると砕けてしまうので注意。

まんべんなくドライいちごがいきわたって生地がまとまったら、ラップに包んで冷蔵庫で一晩寝かす。
※ピンクのいちご生地を優しく寝かせるおっさん。
※↑ほぼホラー。

生地を7gずつ量り、ひとつずつ丸めていく。
※↑ここでちょっとだけ恥ずかしさを覚える。
※あたし・・ピンクの生地丸めてる・・・。てなる。

※この写真撮ってる時もちょっとだけ恥ずかしい。

全て丸めたら冷蔵庫で一晩寝かせる。
※ピンクのちっこい丸を優しく寝かせるおっさん。
※↑通報案件。

160℃に予熱しておいたオーブンで22~23分焼成する。
※焼成直後は生地がまだホロホロなので、焼成し終わったら天板のまま冷ます。
※冷めたらポリ袋等に乾燥剤と一緒に入れて一晩寝かせる。
※↑ピンクが薄まったちっこい丸を袋詰めするおっさん。
※逮捕案件。

仕上げ用粉糖といちごパウダーを軽く混ぜ、⑦の袋にふり入れ、袋の口をひねってクッキーを転がす。
※できるだけ袋に空気を入れよう。

※絵面がシュール。

しばらくこのまま放置し、思い出した頃に再び転がす。
※この時、粉糖が足りない場合は追加してね。

「わぁ~☆ピンク♡」と口から出たら、出来上がり。
※出なくても出来上がりよ。

※3色だんごのピンクのやつに似てる。

甘酸っぱさとほんのりいちごが香るスノーボールクッキー。

可愛いですね。出来上がり。テンション上がります。
※ピンクのちっこい丸を見てテンションが上がるおっさん。
※早よ捕まれ。↑

いちごパウダーを増量すればもっといちご風味になるのですが、強過ぎても小麦やバターの香りが負けてしまうので

私はこれぐらいの“ほんのりいちご”が好みです。

それから、時々顔を見せるドライいちごが甘酸っぱく、若い頃を思い出します。
※甘酸っぱい思い出。か。
※↑そんなん絶対無いやろ。自分。

※全然ドライいちご感出てないけどな。
※おるよ。

他のクッキーではあまり見られない“酸味”は、いちごならでは。
※クッキーに“酸味”って基本合わないからね。
※いちご以外に酸味が許されるクッキーってなんてないんちゃう?と思ったらレモンがあったわ。
※秒速で見つかった時。↑

ちなみにこのピンクのスノーボールクッキー、女児ウケ抜群です。
※女子全員一旦ピンク大好き期来る説。
※イヤイヤ期の次に来る説。

ホワイトデーなんかに女子に作ってあげると、めっちゃモテますよ。
※いちごのちっこい丸を女子にあげてモテようとするおっさん。
※おっさん要素多いけど一応女子やねん。ウチ。

いちごパウダーは大型スーパーの製菓材料コーナー、もしくは100均でも売ってます。

ドライいちごは製菓材料専門店で。

CUIRE  ONLINE SHOP
カテゴリー
recipe
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP