お菓子作りに使う「油」のおすすめは?

material

お菓子作りに使える「油」いろいろ。

オイル、してますか?
※↑「してます。」て答えられてもちょっと戸惑うけどね。
※じゃあ何故聞いた。

シフォンケーキを始め、油分にバターではなく「油」を使うレシピってありますよね。

大体が「サラダ油」とか「太白ごま油」とかって書かれてると思うのですが

それ、めっちゃ当たり前の事ですが、その他の油でも代用できます

代用どころか、違う油で作った方が美味しい事もしばしばあります。
※初心者の方でも作りやすいように大体「サラダ油」って書かれてある説。

今回は、そんな「油」をピックアップ☆
※シンプルに、ダサ。

サラダ油以外に使える油とその違い。

まずそもそも、レシピに「サラダ油」と書かれていても、私はサラダ油を使いません
※反逆者。か。
※あるいは反抗期。か。

何故なら、サラダ油は加熱する事で酸化しやすくなり、焼き菓子などの日が経ってからが美味しいお菓子に使うと、味や食感に影響するから

さらに、サラダ油・太白ごま油・ココナッツオイルの3種を比べてみるとわかりやすいのですが

※左からサラダ油、太白ごま油、ココナッツオイル。の順。
※書いておいてよ。

サラダ油は独特の匂いがあります。
※そんなにキツくはないけど。
※でも油っぽい匂いがある。
※老舗の中華飯店みたいな匂いする。

よほど敏感でない限り、ハッキリとは気付かない程度ですが

お菓子作りを生業とする私としては、めっちゃ気になる匂い。
※「生業」って初めて使ったわ。
※一回使ってみたかってん。
※↑何に憧れてんねん。

そして見た目にも、ちょっと黄色っぽいのがちょっと気になる。
※神経質かよ。

なので、サラダ油はドーナツ等の揚げ物用にしか使いません。
※ドーナツ以外に何揚げるん。↑

匂い、透明度、酸化劣敗の観点から見て、やっぱり一番お菓子に向いてるのは

太白ごま油。
※ほぼ一択。

ですが、それ以外にも油で味の奥行きを出したい時、使う油もあります。

例えばココナッツオイル

ココナッツオイルは、焼き菓子などに使って加熱調理しても、ほんのり香りが残ります
※柔軟剤か。

なので、ココナッツ風味のお菓子や、ココナッツの香りをアクセントやポイントにしたい時は

ココナッツオイルを使います。
※「アクセント」と「ポイント」の違いを教えてください。

それから、おかず系の焼き菓子にはオリーブオイル
※画像には入ってないんですが。
※写真〜には、映らない、美しさ〜が、あ〜る〜か〜ら〜♪
※とかじゃなくて。
※ちなみにBOSCO使ってます。

オリーブオイルって加熱する前は独特の匂いがありますが、加熱するとほとんど香りが飛ぶんです。

なら無味無臭の太白ごま油でいいんじゃない?と思われそうですが

“お料理”に近いものには、気分的にオリーブオイルが使いたくなるので。
※まさかの理由が「気分」だった時。

とはいえ、オリーブオイルは加熱で酸化しにくい油なので、一応理にはかなってます。
※後付け感がスゴい。

このように、油も用途と仕上がりと気分で、数種類を使い分けています。
※「気分」で天才感出すんやめて。
※そんなとこで誰も判断してないから。

酸化しやすい油と酸化しにくい油について。

だったら、私の大好物のあの油も使えるの!?

と思ったあなた!
※油に「大好物」があるのはちょっとオカシイですよ。
※↑そこじゃない。

お好みの油が酸化しやすい油か?酸化しにくい油か?調べてから使いましょう。

・酸化しやすい油
 サラダ油・ごま油(茶)・大豆油・コーン油・ひまわり油・亜麻仁油・えごま油 など

・酸化しにくい油
 ココナッツオイル、太白ごま油・オリーブオイル・米油・菜種油 など

ちなみにバターは固形の油ですが、酸化しにくい油の部類に入ります。

これを参考に、お好みの油を使ってオリジナルの油菓子を作ってくださいね。
※「油菓子」ってなんかイヤ。

CUIRE  ONLINE SHOP
カテゴリー
material
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP