【検証】バターで作ったマフィンとオイルで作ったマフィンの違い。

material

マフィンってオイルでも作れるの知ってた?

↑急に馴れ馴れしい出だし。

このブログをご覧の、お菓子作りリテラシーの高い皆様はご存じかと思いますが

マフィンだけでなく、その他お菓子もバターの代わりに「オイル」を使うレシピが存在します。
※ちなみに「リテラシー」は雰囲気で使ってます。

それは知ってるけど、仕上がりってどう違うんですか?

って思わないですか?
※質問の質問。

思いましたか?
※質問の質問の質問。
※ほぼ詰問。

というワケで、今回はわかりやすく検証するため、マフィンでその違いを調べてみました。

これからマフィンを作る時の参考にしていただければ辛いです。
※「幸い」かと思いきや「辛い」。
※横棒一本で真逆の意味になるんですねー。言うて。
※一生必要ない情報。↑

オイルマフィンとバターマフィンの違い。

まずは、オイルとバター以外の材料は全く同じにしました。

そしてオイルは、マフィン6個分に対して40g。

バターはいつものレシピと同じく75g。
※詳しくは基本のバターマフィンのレシピを参照。↓

パーセンテージで言うと、バターの約53%で置き換えています。
※キリ悪過ぎるやろ。
※せめて60%にすれば良かった。

バター生地は、室温に戻したバターから作り始めるのに対し
※室温バターに砂糖→卵→粉類と牛乳・・と混ぜていく。

オイル生地は卵→砂糖→オイル→粉類と牛乳・・と混ぜます。
※ちょっとだけ作り方が違う。

「オイル」には今回クセの無い太白ごま油を使用
※逆クセスゴ。

焼く直前の生地の状態を見てみると

バター生地。↓

はい。いつもの安心感。
※人生は不安でいっぱいです。

ツヤのあるなめらかなまとまった生地。

対してオイル生地。↓

とにかくゆるい。
※そらそうなるわ。

例えるなら、ホットケーキ焼く直前のやつ。のちょっと硬めなやつ。

具を混ぜたりする時に影響しそうなので、バターをオイルで代用する時は注意せよ。
※「せよ」ってリアルで使う人初めて見た。↑
※重い具を入れる時は特に注意。ゆるいオイル生地では焼成してる間に沈むぜよ。
※「せよ」からの龍馬。

これらを同じ型に半量ずつ入れて、同じ温度で同じ時間焼成した結果・・

手前3つがバター生地。奥3つがオイル生地。

オイル生地が、上ではなく横に広がる現象が見られます。
※広がるというか、焼いてる途中に横に流れた感じ。

型から外して真横から見てみると・・

バター生地はしっかり上に膨らんで、可愛いキノコ型に。
※毒キノコちゃうよ。
※誰が毒舌kinakoやねん。
※↑今日ぐっすり眠れそうな程うまい事言えた感。

対して横に流れたオイル生地には、水道の蛇口感が見られました。
※あるいはリーゼント感。
※左の2個とかもはやリーゼント同士がメンチ切ってるようにしか見えん。

オイル生地は上に膨らむ力が弱そうです。

でも、量を減らして型から溢れない程度にして焼けば、この横流れも解消されると思うので

オイル生地の場合は、いつものバター生地の量より少なめに型に入れて、リーゼント事故を防ぎましょう。
※サムネ画像にひとつだけオイル生地が隠れています。
※見つかるかな?
※ヒントは「左リーゼント」です。

そして、カットして断面を比べてみたところ・・

左がバター生地。右がオイル生地。

バター生地が上にしっかり膨らむのは、この大きめの気泡が多いから。

持った感じも、バター生地の方が軽くてふわふわ。
※オイル生地は若干硬め。

でも、オイル生地のこの目の詰まったぎっしり感も全然悪くないし、そこは好みの問題です。
※どんな生地に仕上げたいかによる。

味は、バター生地は“バターの香り”と言うより“乳製品の香り”を強く感じました。
※鼻に牛乳詰まってんか思た。

ゆえにコクがあってミルキーなお味。
※ミルキィーーー!!!
※↑「ミキティーーー!!!」みたいに言う。

対してオイル生地は後味さっぱり

乳製品の香りが少ない無い分、小麦粉の香ばしい香りが引き立っています。
※ようこそ。小麦の世界へ。
※↑バター生地にも小麦入ってるで。

それから、ちょっと不思議だったのは、オイル生地の方がずっしりして硬めなのに

しっとり感はどちらも同じぐらいだった事。
※世界マフィン3大不思議のひとつ。
※他の2つを教えてくれ。↑

硬いからと言ってパサついてるワケでもなく、ふわふわだからと言ってスカスカしているワケでもなく

そこは喧嘩両成敗。
※いつから喧嘩してたんや。

時間が経ったらまた何か変わるかしら?と思って翌日も食べてみましたが

ほぼ変化無し。
※何の時間。

変わらず同じぐらいしっとりしていたし、味の変化も特にありませんでした。
※ただし、今回は酸化しにくい太白ごま油を使ってるからこそ味が変化し辛い説もあります。

しかし冷蔵保存する時は、バター生地はバターが硬くなってカチカチになるのに対し

オイルはカッチカチになりません。
※固まり方がザブングル。

でも、結局レンチンして食べるので、やはり両成敗。
※喧嘩をやめて。二人を止めて。マフィンのために争わないで。もうこれ以上。

じゃあ、じゃあどう使い分けたらええのん!?となりますわな。
※仲裁に入るおっさんの言い方。

個人的な意見ですが、膨らまなくてもいいからあっさりしたマフィンが作りたい時はオイル

あるいは、その他の素材を引き立てたいならオイル。
※バターの香りで邪魔されたくない時。

しっかり膨らませて、プレーンでも充分美味しいマフィンが作りたいならバター
※バターがベター。w
※何がオモロいねん。↑

乳製品アレルギーだけど、豆乳なら大丈夫という方がいたら、牛乳を豆乳に変えてオイル生地で作れば
※豆乳は豆乳でアレルギーがある方もいるので。要注意。

乳製品アレルギーの方でも楽しめます。
※バター生地に近いマフィンが楽しめるぞい。

最終的には、好みの問題。
※十八番。
※と書いて「おはこ」と読む。

どんなマフィンが作りたいか?から逆算してバターかオイルかを選んで作りましょう。

ちなみに、オイルはココナッツオイルとかでも作れます。
※ココナッティな味にしたいなら。
※↑ココナッツのお菓子食べたら「Oh!ココナッティ!」ってならん?
※ならんやろ。

今回はマフィンで検証しましたが、パウンドケーキやその他ケーキ系でも同じような違いが出ます。

今後のオイル菓子の参考になれば幸いです。
※良かった。最後は「幸」せで。

可愛いキノコ型はコチラ。↓


CUIRE  ONLINE SHOP
カテゴリー
material
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP