【レシピ】土台なしで作る!スリムスフレチーズケーキ。

recipe
※本ブログは、記事内に広告が含まれています。

手軽!持ち運びしやすい!おしゃれ!美味しい!なチーズケーキ。

美味しいチーズケーキが食べたいな・・・

でも、ボトムの仕込みがめんどいな・・・

しかもホールで作ると冷蔵庫パンパンになるし、お裾分けするにもラッピングがめんどいな・・・

そんなお悩みを解決するチーズケーキを開発しました。
※そんなに悩むならもうやめとけ。

ビスケットのボトムは使わず市販のカステラで手軽に!スリムトレーを使ってカット不要のチーズケーキに!専用ラッピングでおしゃれに、持ち運びも簡単!しかも美味しい
※やめんで済んだな。

なんてパーフェクトなチーズケーキなんだっ!!!
※そしてその暑苦しさはなんなんだ。

みたいなチーズケーキです。
※どんな。

では、レッツ☆ふわふわスリム。
※生理用品ですか?↑

スリムトレーで作るふわふわチーズケーキのレシピ。

材料(150×35×23mmの耐熱樹脂トレー 10本分)

下準備

・クリームチーズ、卵類は室温に戻しておく
 ※↑卵以外に「卵類」に属する食品は存在するのでしょうか。

・オーブンの余熱は180℃に設定しておく

・カステラは表面と底の焼き色の部分を切り落とし、ザルで擦ってクラム状に崩しておく
 ※ザルの目を通すことが目的ではなく、砕くのが目的です。
 ※おうちに帰るまでが遠足です的な。

この方法は、その他クラムを使うお菓子にも応用できるので、ぜひ。

今回使用したスリムトレーはコチラ。↓
※耐熱温度220度でオーブンが使える。蒸し焼きなど湯煎にも対応した樹脂製のトレーです。

スリムトレーの底にクラム風カステラを敷いて、ギュってしておく。
※ハグとちゃうよー。
※パラパラっと容器に入れて、指でギュっと押せばいいだけ。

ボウルに室温に戻したクリームチーズとグラニュー糖を入れ軽く捏ねたら、卵黄をひとつずつ加えてそれぞれなじむまで撹拌する。

続きまして〜、薄力粉→バニラビーンズペースト→レモン汁の順で加えては撹拌を繰り返す。
※投入と撹拌を繰り返すだけの人生。

それはそうと・・別のボウルに卵白を入れて、卵白用グラニュー糖を3回に分けて加え、ゆるめのメレンゲを作る。混ぜた跡が残り始めて、緩やかなカーブを描く角ができたら。
※もしもピアノが弾けたなら的な。
※↑全然違うし世代が絞られてくる説。
※目安は7分立てぐらいかな。

③のクリームチーズ生地に、④のメレンゲの1/3程度を入れ、よくなじむまで混ぜる。

残りのメレンゲを加えて、メレンゲの白が見えなくなるまで混ぜる。

できた生地を絞り袋に入れ、①のスリムトレーに絞り出す。
※1個45gぐらい。
※型から盛り上がるぐらい入れるけど、所詮膨らんでしぼむので。

オーブンの天板に乗せたら、スリムトレーの高さの半分まで60℃程度のお湯を注ぐ。

余熱しておいた180℃のオーブンで10分焼成→160℃に下げて30分〜35分焼成する。
※途中でお湯がなくなったら追加しよし。

キツネ色のキレイな焼き色がついたら出来上がり。
※↑キツネってそもそもどんな色やっけ?と思った方は、ぜひググってください。
※マジでちょうどいい焼き色してるから。
※ただ、そこは「しば犬」でも良かったんじゃないかと私は思う。

冷めたらお好みで粉糖でもかけて、おしゃれ気取りで仕上げてください。冷やして食べるのがおすすめです。
※ちなみに私はおしゃれ、気取りました。

簡単ラッピングなのに見た目がお店級!

今回は、こんなオシャンな専用ラッピングを使用しました。
※ラベルとかなしでホントに入れるだけでオシャンになります。

もう見た目お店ですやん。が叶う逸品。

見た目だけじゃなく、美味しさもお店級ですよ。
※俺の味をみくびるな。

このレシピをざっくり言うと、ベイクドチーズケーキの卵を卵黄と卵白に分けて、卵白でメレンゲを作って混ぜただけなんですけどね
※正味の話。

そのメレンゲのおかげで、食感はシュワふわ♡
※このブログでの「♡」はレアですよ。

カステラで作ったクラムも、ちょっと違う食感を生み出して、2種の「ふわ」を味わえます。
※「フワちゃん」とは無関係です。↑

簡単なラッピングで見た目の良さが倍増するのと、持ち運びのしやすさで、プレゼントに最適!
※箱に入れるとさらに2倍。↑
※↑クイズ番組の最後の方の逆転システム。か。

手作りお菓子でドヤりたいときに、超おすすめのメニューです。

スリムスフレチーズケーキ Q&A。

いまだに自分でもこのチーズケーキを何と呼んだらわかりませんが、ひとまず質問を考えてみました。

一緒に見ていきましょう。
※「スリムチーズケーキ」の知名度が低過ぎて不安しかない。

Pさん<br>(30代・女性)
Pさん
(30代・女性)

Q:ぴえん。クラム風カステラは必ず入れないとダメでしょうか?ぴえん。

カステラを買うのが面倒で、できれば省きたいです。ぴえん。

省きたい私ってダメなんでしょうか?ぴえん。

A:もしかして・・ちょっとめんどくさいタイプの方ですか?
大丈夫!クラムは必須ではありませんよ(^^; ただし、クラムなしだとその分高さが低くなるので、仕上がりの高さが変わる可能性があります。そこさえ問題なければ、なしでも全然作れますよ^^
このクラム風カステラは、その他クラムを使うお菓子(←通常はスポンジケーキを使います)にも応用できるので、名前だけでも覚えて帰ってくださいねー。
※昭和の漫才師の出だし感。

Sさん<br>(20代・女性)
Sさん
(20代・女性)

Q:信じてもらえないかもしれませんが、私服です。

スリムトレーは他の型でも代用できますか?

A:それが私服ということは、コロコロはアクセサリー的なことでしょうか?もしかして・・バッグ?
代用できるもので一番近いものとなると・・使い捨ての紙製かアルミ製のミニケーキ用型が使えそうです。容量が同じぐらいであれば、近しいものが出来上がると思います^^
ちなみに今回のスリムトレーは、もう少し長さが短いものや丸いもの、楕円形など、色んな形と容量があります。焼成もできますが、もちろん冷菓やチョコレートの型としても使えるので、興味があればcotta ←さんで「TXトレー」で検索してみてくださいね^^

こちらからは、以上でーす。


カテゴリー
recipeチーズケーキ
スポンサーリンク
シェアする
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP