【検証】コーティングチョコレートの使い方と普通のチョコレートとの違い。

material

コーティングチョコって?

製菓材料店やレシピを見ていて、『コーティングチョコレート』という商品を見た事はありませんか?
※「ないです。」という方は、そっと画面を閉じて2秒後にまた開いてください。
※意味は特に無いです。↑
※ちなみに別名『パータグラッセ』とも言います。
※もっと見た事ない。

コーティング(上掛け)専用のチョコレートなのですが、普通のチョコレートとどう違うの?
※チョコレートなんてどれも冷えたら固まってコーティングされるんと違いますのん?

何で専用があるのん?
※今日は関西色強めの回。か。

という疑問に、検証とともにお答えします。
※聞かれてもないのに答えるタイプのやつ。

テンパリングなしで使えるチョコレート。

ケーキ屋さんで売られているケーキや焼き菓子にかけられたチョコレートや、オシャンに飾られたチョコ細工を見かけると思います。
※オシャン=オシャレ。
※↑絶対流行れへんからやめとけ。

あのチョコレート、実は『テンパリング(温度調整)』という特別な技術で作られており

通常のチョコレートを溶かして固めただけでは出ないツヤが出たり、くち溶けが良くなるように加工されています。
※温めて溶かして冷ましてまた温めて・・・。みたいな繊細な作業。
※吉田ヒロの「開けて~閉めて~開けて~閉めて~開けて~閉めたら入れな~い!のギャグとはワケが違う。
※↑そもそも土俵が違う。

駄菓子菓子!ちょっと飾りにコーティングするだけなのに、そこまでできません。
※気持ちはあるねんけど。ね。

そこで登場したのが『コーティングチョコレート』。

難しいテンパリングの技術無しに、扱いやすく、見た目もキレイなチョコデコレーションができるのです。

普通のチョコレートとコーティングチョコレートの違い。

実際の違いを見てみましょう。

当店ご自慢のブール・ド・ネージュクッキーに上掛けしてみました。
※本人もまさかチョコレートをかけられるとは思ってもなかったでしょう。
※驚かせてごめんね。

左が普通のスイートチョコレート、右がコーティングチョコレート。

※普通のチョコレート。
※コーティングチョコレート。
※マットなツヤ感。

同じ条件で湯せんにかけて溶かしてクッキーにくぐらせ、5分ほど常温に置いておいた状態です。
※普通に湯せんで溶かすだけ。

あれ?左(普通のチョコレート)の方がツヤ出てない?

と思われるかもしれませんが、ツヤツヤなのは、まだ固まっていないから。
※どろんどろんの状態。
※なんなら溶かした時より溶けてる。
※↑何言うてるんか全くわからん。

に対し、右(コーティングチョコレート)はしっかり固まって、台紙からペロっとキレイに剥がれてくれます。

でも、普通のチョコレートもこのまま冷ますか、冷蔵庫に入れれば固まるでしょ?

というコーティングチョコレートに対してまだまだ懐疑的な皆さんへ
※アンチコーティングチョコレート。か。

冷蔵庫で冷やした後の普通のチョコレートがコチラ。↓

大事なところで写真がぼやけるポンコツさはさておき、コーティングチョコレートと同じように固まったものの

左(普通のチョコレート)の方が白っぽくくすんでいるのがわかります。
※そしてザラっとしているというかツルっとはしていない。
※写真ボケてるからわからんけどな。

この『くすみ』が食べた時のくち溶けや滑らかさに影響し、食感に違いが出ます。

つまり、コーティングチョコレートは素早く固まり、なおかつ美しく、くち溶けも滑らかに仕上げてくれるチョコレート界の仕上げの王様なのです。
※スゴいけどニッチ。

コーティングチョコレートの使い道色々。

このコーティングチョコレート大王により、クッキーの上掛けや飾り
※ラングドシャとかにかかってるシャシャシャっ。みたいなやつとか。
※誰がわかるんそれ。↑

ケーキのチョコレートコーティング
※しずる感的な。

ちょっと飾りたいだけのチョコレート細工
※ケーキの上にクルクルクルって乗ってるやつとか。
※それはわかるやろ。多分。

トリュフの仕上げなどが、特別な技術無しに簡単にできるのです。

※CUIREのクリスマスケーキのデコレーションにも使いました。

写真のように、ホワイトもあれば、ピンク(いちごフレーバー)もあるので

お菓子によって使い分ければ、幅広いデコレーションが楽しめます。

ただし!ひとつ注意点があります。
※残念なお知らせです。

この、完璧と思われたコーティングチョコレートですが
※『王様』言うてたやん。

コーティングチョコレートの上からパウダー状のものをかけると

はじきます。
※他の追随を許さない王。

美味しそう。という理由だけで、ココアパウダーをまぶしてみました。↓

※左(普通のチョコレート)、右(コーティングチョコレート)。
※普通のチョコレートにココアをまぶしたもの。
※コーティングチョコにココアをまぶしたもの。

え?地球儀ですか?地球儀風デコレーションですか?
※アースデコ?

とイジりたくなるほどパウダーをはじき、ムラムラになってしまいます。
※地球儀デコレーション希望の場合はこれで良し。
※ただし振り払うとパウダーはどのみち落ちます。

この場合は、普通のチョコレートが正解。

コーティングチョコレートは、あくまで最後の最後の仕上げに使うものと覚えておきましょう。

使ってみよう!コーティングチョコレート。

最終的に、ちょっとしたデコレーションにはコーティングチョコレートが超便利です。

溶かすだけで使えるし、見た目キレイだし、少量で使えるし。
※神かよ。
※いや『王』やろ。

このちょっとしたデコレーションの差でプロ感が増す。

特に私のような焼き菓子専門職人にとって、生クリームじゃないデコレーションはどうしても地味になりがちなので、華やかさをプラスしたい時に重宝します。
※別名:お菓子界の煮物。

普通のチョコレートとの違いを知って、簡単な使い方を覚えたら、色んなチョコデコを調べて
※検索『チョコレート デコレーション』でアイデアめっちゃ出て来るよ。

ぜひ取り入れてみてください。

私はcotta ←の『パータグラッセ』を使ってます。

少量使いならコレも便利。↓

CUIRE  ONLINE SHOP
カテゴリー
material
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP