お菓子作りにおすすめのクリームチーズ。

material

クリームチーズ、種類あり過ぎる問題。

焼き菓子作りに度々登場する『クリームチーズ』

スーパーに行っても種類は様々。

プロ用食材店に行っても種類は様々。

製菓用でも種類は様々。
※「様々」が「シャバダバシャバダバ~」に聞こえてきた。
※耳鼻科行こ。

お値段もシャバダバ。
※逆転の発想。

んもうっ!どれ選べばいいのよぅっ!

って迷いませんか?

今日は、そんなクリームチーズを3種検証してみました。

クリームチーズに迷ったら、参考にしてみたりしてみなかったりしてみてください。
※できればしてみてください。

ケーキに使うならどれ?クリームチーズ3種食べ比べ。

今回調べたのは『TOPVALU クリームチーズ』『フィラデルフィア』『Kili』の3種。

ひとまずスーパーで買える物だけで検証してみました。
※プロ用は量がエグいので。これで勘弁してくれ。

画像は左から、TOPVALU、Kili、フィラデルフィア。

もうこの時点で違いがザックリ出ていますが、この真四角のキリっとしたやつがKiliです。
※「霧がかっている」も詰め込みたかったけど断念。

同じ『クリームチーズ』として知られていますが、実はこの中でKiliのみがプロセスチーズです。
※TOPVALUとフィラデルはナチュラルチーズ
※↑「フィラデルフィア」のフルネームめんどがるな。

だから何って話ですけどね。

プロセスチーズは、ナチュラルチーズを加熱溶解・殺菌し、固めて加工したもの。
※↑6Pチーズとかがコレ。

ナチュラルチーズは、生乳などを乳酸菌や酵素等で凝固させ、ホエイ(乳清)の一部を除去したもの、または、これを熟成させたもの。

どのチーズがどちらがはパッケージにデカめに書かれてあるので、そちらをご参照ください。

いやだからってお菓子作りにどう関係あんのって話ですけどね。
※めっちゃ調べたのにそんな言い方・・・。

とにかく、柔らかさと味の違いを見てみましょう。
※負けるな、私。

一番お手頃価格のTOPVALU。すくった瞬間感じる柔らかさ
※とろとろレベル。

ほぼクリーム
※だから「クリームチーズ」って言ってんじゃん。

冷蔵庫から出してすぐでも柔らかいので、超絶扱いやすい
※まさしく“クリーム”。
※しつこいぞ。

味は酸味、塩味ともに強め。
※これだけをアテにお酒が飲めるぐらい。
※↑1滴も飲めない下戸が言うてます。

後味はスッキリしていて、残るチーズの香りは薄め。

お値段は3種の中で一番庶民的。
※なんかありがとう。

続きまして、フィラデル
※「フィア」を諦めた。↑

TOPVALUに比べると少し硬め。でも『クリーム』と呼ぶにふさわしい程度には柔らかい。
※ギリギリ何かに合格したみたいよ。

味は酸味が強く塩味は弱め。

でも後味のチーズ感は3種の中で一番強い
※弱さと強さの緩急。
※そのギャップで売ってます。
※知らんけど。

チーズそのものを匂ってみても、一番香りが強いのはフィラデル。
※「フィア」迷子。

最後はお馴染みの、Kili

その真四角いお姿から、お値段と気位の高さがうかがえます。
※3種の中で一番お高い。

私がお菓子作りに使うクリームチーズは、ほぼこのKiliです。
※「ほぼのこぎり」みたいになった時。↑

プロセスチーズなので少々硬く、使う時は柔らかくする手間はありますが
※室温に戻すかレンチンで温めてから使う。
※クリームチーズをレンチンするっていう背徳感がたまらない。
※お菓子作り変態も末路レベルまで行くとそうなるのね。↑

3種の中で一番コクがある

酸味は少なめで塩味は強め。

後味のチーズ感は薄いけど、それをも凌駕する“コク”。

そのコクこそが、お菓子になった時、そのお菓子の味の決め手になるぐらい強いのです。
※「コク」最強伝説。

ま、そのまま食べてもめっちゃ美味しいのでね。そりゃお菓子にしたって美味しいわよ。ね。
※ラムレーズンとか混ぜるだけで引くぐらい美味しい。

だから、色々使ってみて、私はお菓子作りにはKiliを愛用。
※特にチーズケーキにはKili。

ただし、作るお菓子によってKiliじゃない方が合うもあるので

そこはお好みで色々試してみてください。
※最後は人の判断に任せるという無責任さ。

使い道で選ぼう。クリームチーズ。

だからと言って、高ければいい、安いから美味しくない

というワケではありません。
※そんな簡単な世界じゃないのよ。クリームチーズ界って。

TOPVALUのクリームチーズなんて、パンに塗って食べたらサイコー。
※食パンを一気におかずにしてくれる魔法のクリーム。

柔らかいから塗りやすいし。
※Kiliなんて硬くて塗らせる気ないものね。

フィラデルは誰もが知ってるけどほとんどの人がやった事ない『リッツパーティー』にサイコー。
※憧れはあるけど実際はやらん説。
※私はやるで。独りで。

リッツじゃなくてもいいけど、クラッカーとの相性抜群なので、おつまみに最適。
※低糖質だしダイエット中にもいいかも。

同じチーズケーキでも、軽めに仕上げてチーズの香り強めにしたかったらフィラデルの方が合う。

とにかく迷ったらとりあえず無難ににでも合いそうなKiliで試してみる。

等など。

使い道で使い分けるのがプロのチーズ師。
※「プロのチーズ」と「プロセスチーズ」かかってます。
※ぃやかましわぁ!言うて。

この記事を参考に、ぜひ好きなクリームチーズの好きな使い道を見つけてください。

CUIRE  ONLINE SHOP
カテゴリー
material
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP