手作りの焼き菓子を販売するまでの道のり⑯。~子供食堂を作るまで。~

atelier

お菓子で幸せを届け隊。

私の夢は、お店を作ってお菓子の売上で子供食堂を運営する事。
※作文のタイトル『わたしの夢』か。

たくさんの子供達が集まって、お腹いっぱい美味しいご飯を食べられる場所を作る事。

駄菓子菓子!

未だその夢に辿り着けておらず、現在まだ夢の途中。
※ええように言うたな。
※でもさ、ほら、やっぱり夢って叶うまでが面白い。みたいなとこあるし。
※そこを楽しんでもらうためにやってる。みたいなとこあるし。

ですが、そんな私が黙っちゃいないよ。
※浅香?光代的な?

その夢を追いかけるとともに、すでに実行している事があります。

それが、シングルマザーのご家庭への『お菓子の支援』。
※お菓子が支援できるんだよ。
※画期的。

月に一度、シンママ大阪応援団さんに、ケーキの支援を続けています。

友人の紹介で知ったその団体は、月に一度(コロナ後からはそれ以上)シングルマザーで生活が困窮しているお宅に

食料品や日用品等、生活の助けになる物資を集めて支援されています。
※この言葉が適切かどうかはわかりませんが、「羨ましい・・・」。

そこに、『ケーキの支援』という枠がありまして、それに毎月酸化しております。
※酸化は錆びの元。
※言うてる場合か。
※もとい、参加。

ケーキを贈りたい友人達と、代表で私がケーキを作って毎月届けているのです。
※友人からは材料費をいただくシステム。

それがっさ~。めっちゃ楽しいんよ。この活動。
※急にスナック感。↑

お題は『パウンドケーキである事』ぐらいなので、基本どんなケーキを作るかは自分で決めて作れます。

夏は爽やかにレモンケーキ☆春はやっぱいちごでしょ!秋は・・なんや・・・栗的な?

等々、どんなケーキが喜ばれるか、想いを馳せながら自由に作るこの時間が

とっても楽しいのです。
※ウソみたいにええ子やろ。ウチ。
※↑全部人のチカラやけどな。

そして、毎月メールで送られてくる『サポーター通信』に、物資を受け取ったシンママさんからの声が掲載されており

「今月はケーキが入ってて、子供達は大喜び!」とか「普段はなかなかケーキを買う余裕が無いので、本当に嬉しいです!」とか書かれてあると

本当に作って良かったな。と毎回しみじみ思います。
※泣きそうになるけど泣いてはない。
※↑そこは泣いとけよ。

そして、CUIREのテーマである『甘くて美味しいお菓子は世界を救う』に通じるものを感じます。

まだ夢の途中な私ですが、この活動が心の支えとなり、夢に一歩でも近づいているという実感を与えてくれているのです。

レシピ本にも載っていない、『お菓子作りが上達する方法』。

ホントにね。甘いものって癒されるんですよね。

だって見た事ないでしょう?めっちゃ怒りながら甘いもの食べてる人。
※笑いながら怒鳴る竹中直人のネタじゃないんだから。↑
※でもホンマに見た事なくない?そんな人。
※甘いもの食べてる時はみんな幸せそうな顔してるもの。

どんなにイヤな事があっても、腹立っても、悲しくても

甘いものは、その一瞬でも幸せな気持ちにさせてくれる魔法の食べ物なのです。
※だから疲れると甘いもの食べたくなるんやと思う。
※知らんけど。
※科学的なアレは知らんけど。

このブログをご覧くださっているあなたも、手作りして上手にできたら
※このブログの通りに作れば絶対上手にできるよ。
※どんな時でも営業を忘れない。↑

その幸せを、ぜひ誰かに贈ってください。

喜んでもらえて、さらに自分の自己肯定感も上がります。
※いわゆる「アゲアゲ」状態。

「また作ろう!」という原動力にもなります。

そして、お菓子作りのテクニックが、各段に上がります。
※誰かにあげるお菓子は気合が入るからね。
※恥ずかしいもん作られへんからね。
※お勉強でも“教える”のが一番。って言うしね。
※↑ちょっと違うと思うけどそれは。

レシピ本にも載ってない、一番の『お菓子作りの上達法』は、もしかしたら『誰かのために作る事』なのかもしれません。
※違ってたらゴメン。w

気持ちはあるけど作れない。という方へ。

何それ!?めっちゃいいやん!参加したい!

でも・・・ウチお菓子作られへん・・・。

という方に朗報です。
※おめでとう。

CUIREでは『シングルマザー支援団体にお菓子が贈れる権』を一口¥1000で販売しています。
※おめでとう。
※ラッキーやな、自分。
※買っていただいた分を毎月まとめてケーキと一緒に送っています。
※さっきの画像の上の方に写ってるのがそのお菓子。

1パック¥1000分の焼き菓子を詰め合わせて、まるで私のチカラでやっているかのように送るのです。
※しかもめっちゃドヤ顔で。

買って下さった方はお菓子を作るワケではないので、お菓子作りは上達しませんが

私の自己肯定感は上がります。
※↑誰が得するん。

私の自己肯定感を上げるためだけに参加するのはちょっと・・・という方は
※そんなん言わんとってぇや。

ぜひケーキの支援に参加して、自己肯定感もお菓子作りのテクニックも手に入れちゃいましょう。
※You、やっちゃいなよ。
※いつでも受け付けていらっしゃいますよ。

ちなみに、ケーキとお菓子だけでなく、支援物資も一緒に送っています。
※主に食料品とか、文具とか日用品とか。
※季節に応じて買う物変えてる。
※↑それ考えるのがこれまた楽しいねん。
※普段日用品とか自分には買えへんから買い物自体もめっちゃ楽しい。
※↑どんな生活送ってんねん。

これもまた参加したいという方は、CUIREに物資を送ってもらうか
※ケーキと一緒に送りますよー。
※とはいえできれば事前にお問い合わせいただけると嬉しいです。

自力でシンママ大阪応援団さんに送ってみてください。
※こちらもいつでも受け付けていらっしゃいますよ。

ぜひ私と一緒に、幸せを届けましょう☆
※一緒に幸せ届け隊。
※隊員募集中。
※応募資格:人間。
※↑間口広っ。

CUIRE  ONLINE SHOP
カテゴリー
atelier
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP