とりあえずこれ持っときゃ間違いない。最初に揃えるケーキ型3選。

tool

ケーキ型って、とりあえずどれ買えばいいんですか?

この世に『ケーキ(お菓子)型』と言われるものの種類多過ぎる説。

みなさんも悩んだ事ないですか?

何をどこまで買えばええんか全くわからん・・・。と。
※それで言うならお金があるなら全部買え。ですけどね。

ザックリ言うと、『必要になった時に必要に応じて買い足していく』が正解なのですが
※作りたいお菓子に必要な型があったらその都度買っていくシステム。

そこまでレシピのバリエーションがないうちは、ひとまずベタな型を3つぐらい持っていればどうにかなりますよ

という話です。

この3つさえあれば、他の型の代用にもできるし、初心者レシピなら大体のお菓子はこの3つで済みます。
※済みます芸人。か。

まだ持ってない方も、すでに持っている方も
※『型』だけに。

見ていって、ちょんまげ。
※まさかの侍再来。

とりあえず何も考えずに買ってほしい型3選。

まずは、『デコ型』

「デコレーション用のケーキ(丸)の型」で『デコ型』。

サイズは12~24cmまで色々ありますが、ひとまず15cmがおすすめ。
※一般的に15cmサイズのレシピが豊富なので。

そして、『共底(縁と底が一体化)』と『底取(縁と底が別々)』がありますが

ひとまず底取がおすすめ。
※底取は共底の代用ができるので。
※でも共底は底取の代用はできないので。
※↑早口言葉か。

材質はそんなに種類もないので金属なら何でもいいです。
※「何でも」がわからん。という方は、アルスターかステンレス買っとけ。

コレさえあれば、デコレーションケーキはもとより、チーズケーキ、ガトーショコラ、ムース

色んな種類のホールケーキが作れます。

ちなみに、例えば21cm型のレシピを15cmで作りたいねん。という時は

↓コチラの記事を参考にしてみてください。

そして、『パウンド型』

※撮影用に新しいキレイな方を出しました。
※いつも使ってるのはもっと傷だらけです。
※ええ格好しました。

サイズはひとまず17cmを選んどけば間違いないです。
※正直それ以上大きいのは普通は使わないので。
※私は21cmも持ってますがほぼ使いません。
※↑たまーに使うと「長っが。」ってなる。w

素材はブリキがおすすめ。

コレさえあれば、パウンドケーキはもちろん、テリーヌショコラ、小さめの食パンも作れます。
※いつも言ってる「食パンあげよ。」のやつはこの型で作ってます。
※ホンマにあげた事ないやろ。↑

デコ型に比べ、型紙をセットするのがまーまー面倒なので、洗って繰り返し使えるタイプのオーブンシートが便利です。

最後に『角型』

一瞬「要る!?」って思うけど、めっちゃ要ります。
※何度この型に救われた事か。
※命の恩型。

ブラウニースティック形ケーキ生チョコの種(←柔らかい状態の生チョコ)を固める時

ちぎりパン、台湾カステラ等などetc・・・
※「等など」に「etc」を重ねる新しい試み。
※何の役に立つん。

丁度いい型がないーーー!!!と思った時、「私おるよ。」と優しく声をかけてくれたのが

この角型でした。
※名わき役。
※型界の野間口徹。
※↑一瞬、誰?って思うやん?ググって。「あー。はいはい。この人ね!」って絶対なるから。

長方形のパウンド型でもない、丸いデコ型でもない、この“真四角”って意外と使うし
※とか言うてるけど私の型は14×15cmです。
※ゴメンて。

長方形や円形で代用できないんですよね。

だから、1つ持っておくと便利です。
※絶対何かの瞬間に「コレあったー!」てなるよ。

ちなみに、私のこの角型は珍しい底取で

こうやって生地を引き上げて取り出せるの。

めっちゃ便利だけど、売ってるとこ見た事ないからおすすめしようにもできませんが。
※私は友人からいただきました。めっちゃありがとう。
※でも逆にどこで買ったんか知りたい。

でも、底取れじゃなくても大丈夫です。
※アカン。どこで買ったんか気になって寝られへん。
※って言いながら7秒で寝るタイプ。↑

大きさは15cm~18cmぐらいが使いやすいかと思います。

小さめでもいい場合は、100円ショップで12cmのフタ付きの缶カンが売ってるので

それで代用するのもアリ。

でも、やっぱり角型として1台は持っててほしいです。
※あんた角型の生みの親か。

以上、この3種の型があれば、猫に小判。
※↑「鬼に金棒」って言いたかったみたいです。

ひとまず基本のケーキ類は制覇できると思います。

オマケの1型。お菓子屋さんのマメ型知識。

ついでにオマケの1型。

これ、100円ショップで売ってるプリン型なんですけどね。
※テフロン加工のプリン型。
※1型¥100。
※↑その単位いつ作ったん。

もちろんプリン用に買ったのですが、他に超便利な使い道がありまして

グラシン紙をセットすると、ぴったりマフィン型になるんです。
※発見した時自分天才と思った。
※↑知らんかっただけですでに誰かがやってるやろ。

マフィン型を買うお金が無い時、はたまたマフィン生地を作り過ぎてしまった時
※↑マフィン型買うお金無い時はプリン型も買えんやろう。

めっちゃ便利です。
※私はマフィン生地が7個分できてしまった時に使います。
※6個取の型で1個だけ焼くのとかめっちゃめんどい。
※そんな時、「私おるよ。」と言ってくれたのがこのプリン型でした。
※デジャヴ。

以上、必須型3種とオマケ1種でした☆

さすがにマドレーヌとかフィナンシェ、タルト型なんかは専用型じゃないと作れませんが
※作れん事はないけどそれらしい型で焼くのがやっぱりベター。

最初から揃えるには高価だし使う頻度が少ないと勇気が要ります。
※清水買い。
※↑昭和臭エグい。

蒸気の3種は比較的お安く買えるので、最初に買い揃えて練習用に使い込んで
※機関車おったな。今。
※もとい、上記。

この型と生地と仲良くなれたら、専門性の高い型にチャレンジしてみてください。

まとめて買うならcotta ←が便利でお得です。

CUIRE  ONLINE SHOP
カテゴリー
tool
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP