【レシピ】これはホントに美味しい。トリプルチョコマフィン。

recipe

逆に罪悪感しかないチョコマフィン。

『チョコマフィン』って、美味しそうだけど

気になりますか?カロリー。

気になりますか?糖質。

できる事ならバターなしで作りたいですか?

答えが「イェス。」なら、今すぐその考えをあらためてください。
※偉そうなのに「あらためて」の正しい漢字がわからなかった人。↑

チョコマフィンを作る時、そんな健康志向やダイエット思考は必要ない。
※「志向」と「思考」のとこ上手かったやろ?
※褒めて褒めて。
※↑欲しがり思考。

チョコマフィンを作る時は、その“罪悪感”を乗り越えて、踏み倒して、もはや罪悪感しかない

ただただ“美味しい”という場所にたどり着かないと意味が無いのです。
※俺の屍を越えてゆけ感。

甘くて美味しいものを作る時は思いっきり、何も考えずにただただ美味しさだけを追求して作りましょう。

そんなチョコマフィンです。
※どんな。

ココア生地にチョコガナッシュ、オマケにチョコクランブルまで乗せた

『THE・罪悪感』なトリプルチョコマフィンを、どうぞご堪能下さい。
※↑『THEい悪感』でも良かったかな・・。
※でもちょっとわかり辛いか・・・。
※↑どこで迷ってんねん。

濃厚トリプルチョコマフィンのレシピ。

まずは基本のマフィンレシピから。↓

生地はこの基本のレシピの薄力粉を、一部ココアパウダーに替えるだけ。

そこにチョコガナッシュを入れて、チョコクランブルは

この基本のクランブルの薄力粉を、半量ココアパウダーに替えるだけ。

特別コツ的なものはありませんが、ココアパウダーは絶対いいものを使ってください
※それがほぼそのマフィンの『味』になります。

材料(6個取マフィン型 6個分)

  • 無塩バター・・・75g
  • 素焚糖(またはブラウンシュガー)・・・70g
  • サワークリーム(または水切りヨーグルト)・・・大さじ1
  • 卵・・・95g
  • 薄力粉・・・135g
    ※特宝笠かバイオレットがおすすめ
  • ココアパウダー・・・25g
  • ベーキングパウダー・・・8g
  • 牛乳・・・70g
  • 塩・・・ひとつまみ
  • アーモンドスライス・・・テキトー
    ※「適量」みたいに言う。


☆チョコガナッシュ☆

  • チョコレート・・・30g
    ※スイートでもミルクでもお好みのチョコでええんやで。
  • 生クリーム・・・20g


☆チョコクランブル☆

  • アーモンドプードル・・・10g
  • カソナード(またはブラウンシュガー)・・・10g
  • 薄力粉・・・5g
  • ココアパウダー・・・5g
  • バター・・・10g
    ※またはバタ子。
    ※すな。
  • 塩・・・ひとつまみ

下準備

・生地用バター、卵、牛乳、サワークリームは室温に戻しておく
・生クリームをレンジで温めてチョコレートに加えて溶かし、溶けきったらよく混ぜて冷蔵庫で冷やし固めておく
・薄力粉、ココアパウダー、ベーキングパウダー、アーモンドプードルは合わせて軽く混ぜておく
・型にグラシン紙を敷いておく
・オーブンの予熱は170℃に設定してる?
 ※突然の質問形式。
・クランブルの材料全てをボウルに入れ、指でこねくり回すように混ぜ、生地がまとまって“土”のような状態になったら冷蔵庫で冷やしておく

※雨の翌日のグランドの土。感。

【手順】

ポマード状のバターに素焚糖を加え、白っぽくなるまで撹拌する。

※夏日にバターを室温に戻して他の作業してたらとろっとろになった時。
※「室温」ってムズい。

➀に卵を3~4回に分け加え、各々よく乳化するまで撹拌する。
※「その都度」に飽きて「各々」にしてみた時。

しっかりどっきり混ざったら、合わせておいた粉類を1/3量ふるいながら加え、粉気がなくなりかけたところで牛乳を1/3量加えて靴ベラでボウルの底から上へ返すように混ぜる。
※説明に飽き過ぎてやしないか。
※もとい、ゴムベラ。
※「どっきり」もしなくていいからね。

それをあと2回繰り返す。

最終的には粉気のないツヤのある卵肌のような状態にしておく。
※目指せSK-Ⅱの桃井かおり。
※↑時代を遡ってまで。

生地を大さじ山盛り1杯程度型に入れたら、スプーンの背等で側面に沿わせて窪みを作る。
その窪みの真ん中に冷やしておいたチョコガナッシュを小さじ1杯程度詰める。

※黒に黒でなんのこっちゃ感。

残りの生地を6等分して乗せたら、チョコクランブルをちぎってランダムに乗せる。
※本当は「ガンダムに」って言いたかったけど今日ふざけ過ぎてるから遠慮しといた。
※↑結果言うてもうてるで。

クランブルの隙間にアーモンドスライスをガンダムに乗せる。
※ガマンでけへんかったんか。
※アーモンドスライスはアムロ・レイ。か。

今まで言い忘れてたけど、焼く前に型を台にトントンするとしっかり生地が底までいきわたって、綺麗なキノコ形に膨らみます。
※突然の発表。
※何故このタイミングで。

予熱しておいた190℃のオーブンで20分焼成する。
焼きあがったら型のまま冷ます。

冷めたら出来上がり。ですが焼き立てほやほやも美味しいよ。

※「ほやほや」というより「若干ほやってる」ぐらいが美味しい。

カロリーとかどうでもいいぐらい美味しい。

誰ですか。カロリーとか糖質とか言うてる人。

一度このチョコマフィンを食べてごらんなさいよ。

そんな事どうでもいいぐらい美味しいから。

※黒に黒に黒でなんのこっちゃ感増。

この世にこんなに美味しいマフィンが存在するのに、太るとかどうでもいい。
※大抵の美味しい食べ物は大体太るもの。
※ならいっそ振り切ろう。

楽しむ時は思いっきり。です。

サクサクのほろ苦クランブルに、濃厚なココアの香りのマフィン生地、中盤で現れてくれるチョコガナッシュ。

これは本当に美味しい。

多田氏、先程もお伝えした通り、ちょっといいココアパウダーが味の決め手になります。
※チョコクランブルとか実はチョコ入ってなくてココアパウダーが主役やからね。
※「ほなココアクランブルやないの。」というご意見は一切受け付けておりません。

ココアパウダーは、kinako様ご愛用ヴァローナ社の『カカオパウダー』がおすすめ。

その他のココアパウダー系のお菓子も、これを使うだけでめっちゃ“プロ感”出るので

ぜひこの機会に買ってみてください。

私はコレが好き過ぎて、使わない日も蓋を開けて香りを嗅ぐのが日課です。
※もはやアロマ。

可愛いキノコ型はコチラ。↓

罪悪感を忘れたい日に、ぜひ。
※製菓材料、道具はcotta ←が便利でお得です。

CUIRE  ONLINE SHOP
カテゴリー
recipeマフィン
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP