【レシピ】オレンジピールみたいな「あまなつピール」の作り方。

recipe

「ピール」にできるのはオレンジだけじゃなかった説。

あまなつ〜!
※「あまたつ〜!」みたいに言う。
※↑これが言いたかったって理由だけで作ったみたいなとこある。
※マジやで。

そう。今回は、あまなつを使ったオレンジピールを作りました。
※正確には「あまなつを使ったオレンジピール風」。
※真面目か。↑

というのも、最初はオレンジを使ってオレンジピールを作りたかったんです。
※とんちか何かですか?

でもね。なかなか国産のオレンジって売ってないんですよ。
※国産は、旬の時期にネーブルオレンジとかブラッドオレンジが少量出回る程度。

通年販売されている外国産は、防カビ剤が使われているので

その影響をモロに受ける“皮”を使った「ピール」には不向き。
※むしろ皮しか使わん。

ならば、オレンジじゃない柑橘類で作ってやろうじゃない
※オレンジが無ければあまなつを使えばいいじゃない。
※あまたつ・アントワネット談。↑
※あまたつを巻き込むな。

というワケで、スーパーにごろごろ転がっていた「あまなつ」で作ってみました。
※転がってはない。

あまなつは皮が肉厚で独特の苦味があり、実はめっちゃピール向き。
※君、ピールのセンスあるよ。言うて。
※あまなつ、ポカン。↑

使うのは“皮”のみなのでね。

あまなつを食べた後、余った皮を使って、そんなつもりじゃなくても作れます。
※普通はあまり物にされ破棄される“皮”を使うというエコロジー。
※もはや「エコピール」。
※は?

では、レッツ☆あまたつ。
※言うと思った。↑

あまなつを使ったオレンジピールのレシピ。

今回はあまなつを使いましたが、その他柑橘類でも作れます

ゆずやかぼす等の小さい柑橘類でも作れますので。
※どんな皮でも使い尽くすエコロジー。
※柑橘類の皮の意識高い系。

材料(仕上がり260g程度)

  • あまなつの皮・・・2個分
  • さとうきび糖・・・200g
    ※綺麗なオレンジカラーにしたいならグラニュー糖を使って。
  • 水・・・200ml
  • ブランデー・・・大さじ1
    ※なくても可。
    ※好みの問題。

【手順】

あまなつは水でよく洗い、水気を拭き取っておく。
皮を剥いたら、縦に1cm程度の幅でカットする。

※今回は苦味が欲しかったのでワタは取らなくてOK。
※ワタに苦味があるので、苦味が嫌味な場合は半分ぐらいとっても可。
※「苦味」に無理やり「嫌味」を乗せた時。
※苦肉の策。
※↑苦味だけに。

※皮むきには100均の皮むき器がおすすめ。↓

鍋にあまなつの皮と、ひたひたになるぐらいの水を入れ、火にかける。
沸騰したら3分程度茹でて、ザルにあけて湯を切る。

これをあと2回繰り返す。
※この作業だけに集中すると、もどかしくて「い゛ぃーーーーーーー。」となるので、家事かその他の仕事の合間にやろう。

3回茹でこぼすと全体的に柔らかくクタクタになって、白いワタの部分が半透明になる。

最後に湯を切ったら、空いた鍋に砂糖の半量と水全量を入れ、火にかける。
砂糖水が沸いたら、あまなつを鍋に戻し、あまなつがぐったりするまで煮る。

※今回はさとうきび糖を使っているのでビジュアルがかなり渋めです。
※その点ご了承ください。

1本つまんで抵抗なく折れ曲がるぐらい柔らかくなったら、残りの砂糖を加える。
※抵抗できなくなったあまなつに追い討ちをかけるような罪悪感。

砂糖が溶けて、柔らかくなったあまなつが砂糖液にしっかり浸ったら、さらに柔らかくなるまでしばらく煮る。

砂糖液がねっちりしてきたら火を止め、ボウルにあけてぴったりラップをしたら、冷まして冷蔵庫で一晩冷やす。

※見た目がホラー。

あまなつを鍋に戻し火をつけたら、絶えず混ぜながら水分を飛ばすように混ぜる。
ほぼ煮汁がなくなったらブランデーを加え混ぜ、アルコール分が飛んだら火を止め、バット等にあけて冷ましたら出来上がり。

そのままピールとしておやつにするなら、乾燥させてグラニュー糖でもまぶしてよ。
※何その斜に構えた態度。
※どのタイミングでこじらせたんや。

私はお菓子に使うので、粗めのみじん切りにしましたとさ。
※日本オレンジピール昔話。か。
※↑カオス。

そのままでも美味しいし、お菓子にも使えるあまなつピール。

いやちょっと待ってよ。福神漬けなん?

と思う程黒いですが、グラニュー糖で作ればもっとオレンジ色がキラキラします。
※私はそのまま食べるよりお菓子に使うから、コク重視で茶色いお砂糖使ったけどね。
※予想以上に福神漬け感が出て自分でもビビってる。
※カレー食べたなるやん。と思って。

でも、味はめっちゃ美味しい。

ケーキに使うつもりで作りましたが、味見が止まりません。
※細かくカットしておいて良かった。
※棒状のままやったら食べやすくて無限に食べてた。

ほんのり残る苦味もちょうどいい。
※そもそもオレンジピールは苦味を楽しむものだと思うの。
※知らんけど。
※そもそも楽しみ方は人それぞれ。

オレンジより酸味があってあっさり。でも柑橘系の香りはしっかり残ってる。
※逆にオレンジには出せない美味しさ。

このあまなつのオレンジピール風の使い方としては

パウンドケーキ、マフィン、クッキー、マドレーヌ・・・

ちょっと待って、どうしよう。何にでも使えそう。
※使い方次第でどうにでもなる。
※↑それはどの材料にも言える事ですけどね。

作りたいお菓子にオレンジピールが入ってる事はあっても

オレンジピールからレシピを考えた事がなかったから
※オレンジピール側の気持ちで考えた事がなかったわ。

これは面白いレシピのアイデアが浮かびそうな予感。
※予感で終わったらゴメン。

このあまなつピールを使って、また別のお菓子を作ってみようと思います。

CUIRE  ONLINE SHOP
カテゴリー
recipeその他
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP