【検証】お菓子作りにおける「バター」と「マーガリン」の違い。

製菓材料研究

そもそも何が違う?「バター」と「マーガリン」の違い。

バターとマーガリンの違い、ご存知?
※バターは高い方、マーガリンは安い方。とかじゃないのよ。
※それもあるけどね。

ザックリ説明すると、その違いは原材料

バターは牛乳から作られる乳脂肪を塩で練り合わせて作られます。

一方、マーガリンは、植物油(コーン油、大豆油、菜種油など)を練り合わせて作ります。

そう。「生クリームとホイップの違い」の回でも勉強した、動物性か植物性か?の違いなんですね。
※生クリームとホイップの違いの回をご覧いただいていない方は、「ごめんなさい!」って言いながら必ず読むように。
※↑誰がどのスタンスから言うてるん。

なこたぁどうだっていい。
※↑タモリ感。

お菓子を作る時、バターの代わりにマーガリンを使ったらどうなるん?が私たちに必要な情報。

というワケで、実際作って比べてみました。
※画面の向こう側から聞こえる「ありがとう!」の声を糧に生きています。
※「ありがとう!」言うてなかったら言うてや。
※泣くで。
※40代が泣いたらまーまーめんどいで。

今からケーキを作ろうと思ったけどバターがなくて(お高くて)マーガリンで代用しようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

バターで焼いたケーキとマーガリンで焼いたケーキの違い。

毎度おなじみ、ミニパウンドケーキで実験してみました。
※↑タモリ感(再)。
※もとい、タモリ倶楽部感。

バターとマーガリンは同量、それ以外の材料は全て同じ。焼成温度・焼成時間も全く同じです。

今回使用したのは、普通にスーパーで売ってるバター入りマーガリン。
※大好きなマーガリンです。くれぐれも。

ひとまず焼いてから撮影しようと思っていましたが、焼成前の段階で・・・

色が全然違うんですけど。
※左がバター生地。右がマーガリン生地。

なんでや・・・計量した時はそこまで色の違いがあるように見えなかったのに・・・。

ひとまず焼いてみました。

左がバター(「バ」印)、右がマーガリン(「マ」印)。
※なんやろう・・「ババア」に見える・・・。
※→被害者意識がひどい。

割れ目、焼き色はそこまでの差がありませんでした。

とか言ってる場合じゃなくて、焼成途中からマーガリン臭がスゴい
※バター生地に匂い移るんちゃうか。ってぐらいのマーガリン臭。
※「臭い」って意味ではないよ。
※匂いが強いって意味でね。

粗熱を取ってから、一瞬どっちがどっちかわからなくなったのですが、匂いを嗅ぐと一発でわかるぐらい香りの違いがあります。
※目隠しでもわかるレベル。
※↑どういう状況。

興奮冷めやらぬ中、膨らみの違いを見てみます。
※落ち着け、俺。

膨らみは、若干マーガリンの方が大きい。
※けど香ってます。
※半径1mぐらい全部マーガリンワールドです。

あと、バターの山がツンとしているのに対し、マーガリンはドーム型に膨らんでいます。
※ドームから香ってます。

カットしてみましょう。

若干マーガリンの方が気泡が大きく数も多い印象。
※カットすると香りゾーンが2mに広がります。

なので、マーガリンの方がドーム型に高く膨らむ。

もはや食べなくてもわかる気もするんですが、一応食べ比べてみました。
※食べんでもわかる香るやつやん。

こう見てみると、高さの違いが明らかですね。
※マーガリンはよく膨らむ。

肝心のお味は、しっとり感・食感・側の硬さともに、ほぼ同じ。
※マーガリンの気泡が多い分、少しふんわり感が強い。

そんなことよりマーガリン臭
※もうわかったって。てなる。

マーガリンケーキを一口食べた瞬間、「あれ?私今パン食べてます?」ってなりました。

くれぐれも、マズいわけではないです。
※ただいつもの味と違い過ぎるだけの話です。

けど、それぐらいパンに近い、マーガリンの香りが立ったお味でした。

ちなみに、無塩のケーキ用マーガリンとは違い普通のマーガリンを使ったので、塩味が少しありました。
※いろんな意味でアクセント的な。

パン好きな方には好まれるお味なのかもしれません。
※ごめん。ちょっと盛った。
※だって私超パン好きだもの。

マーガリンをバターで代用してみた結果。

ひっくるめて表にまとめてみました。

バターマーガリン
しっとり感
香りマーガリン臭
コク
膨らみ

結果、個人的には、バターが無い時はマーガリンで代用せずに買いに行こう
※バターを買いに行くのに2時間かかる。とかじゃない限り買いに行こ。

と思いました。

確かに値段に差はあります。が、バターは高価なだけあって、お菓子作りに使うなら風味も栄養価もマーガリンより優れています。
※マーガリンはおとなしくパンに塗ろう。

あくまで “ガチで美味しいお菓子” を作りたい場合は、ですけどね。
※ひとまず形だけでも!という時は最悪マーガリンでも。
※どんな時よそれ。↑

ちなみに、マーガリンはパン以外にもお料理に使うと美味しい。と個人的には思っています。
※お詫び的フォロー。

もしかしたら、おかずマフィンとの相性が良いのかも。
※知らんけど。
※やらんけど。
※最後までフォローしてよ。

とりあえず、ガチで美味しいお菓子を作りたいなら、バターを使いましょう

この記事を読んで、ふんわり膨らみの良いパンみたいなパウンドケーキが作りたい!と思った方は、ぜひマーガリンで作ってみてください。
※その後の責任は負いかねます。

CUIRE  ONLINE SHOP
カテゴリー
製菓材料研究
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP