『カソナード』とは?謎の砂糖、カソナードの正体と使い方。

material

結局『カソナード』って何やねん。

いつかのお砂糖の回で少し触れました、『カソナード』。

お砂糖の一種である事はわかったけど、結局その謎のお砂糖の正体はわからないまま。
※謎も何もカソナードはカソナードですけどね。

どんな特徴があって、一体どんなお菓子に使えばいいのか?

他のお砂糖との違いは何なのか?など

今日はそこんとこ、掘り下げてみたいと思います。

『カソナード』というお砂糖の正体。

カソナードは、フランス生まれの茶色いお砂糖。

さとうきび100%でできており、その特徴はバニラやはちみつの香りがするところ。

袋に鼻を突っ込んで香りを嗅いでみると、甘~いカラメルのような、少しほろ苦い香りがします。
※↑嗅ぎ方気をつけて。
※そしてバニラとはちみつどこ行ったん。

その香りがお菓子の風味に奥行を出し、芳醇な甘さを演出してくれます。

粒の大きさはやや大きめで、サラサラ。
※こぼすと大変。
※↑ほぼ事件クラス。

※右:グラニュー糖  左:カソナード
※さらに寄りで。

茶色いお砂糖は基本精製されていないので、ミネラル分が豊富。

カソナードに関しては、茶色と言ってもやや透明がかった茶色で、まぶすとキラキラ輝きます。
※だからってそれは何の役にも立てへんけど。

お値段はカソナードが1g約¥1.6に対してグラニュー糖が1g約¥0.6

とカソナードの方が断然高額。
※圧勝する高級砂糖。

なので、テキトーに入れときゃええか。で使える代物ではありません。
※カソナード使う時めちゃ慎重説。
※そういう意味でもこぼすと大変。

それが、カソナード。
※ドヤ。

お菓子作りにおけるカソナードの主な使い方。

その芳醇な香りの高級砂糖を、いざどんなお菓子に使うのか?

有名な使い方としては、『クレームブリュレ』の上のパリパリ部分。

器に入ったクリームの上に、カソナードをまぶし、バーナーで熱すると

カソナードが溶け固まり、パリパリのカラメル状になって、クレームブリュレが完成します。
※あれはパリパリの高級砂糖なんやで。
※心して食べて。
※↑食べにくいわ。

やってみるとわかりやすいのですが、クレームブリュレの上のお砂糖をグラニュー糖に代えてみると

焦げ目がうまくつかず、ムラになります。
※経験アリ。
※よっぽどテクニックが無いとキレイにキャラメリゼできない。

これは、カソナードは火を通すと均一に溶ける性質があるから。

なのでクレームブリュレ以外にも、パリパリにブリュレしたいお菓子があれば

カソナードを振りかけてバーナーで炙ると、どんなお菓子もクレームブリュレ風にしてくれます。
※全お菓子ブリュレ化計画。

それから、そのキラキラした輝きを利用して、火は通さずデコレーション的な使い方をする事もできます。
※キラキラ役に立ってるやん。w

アラザンまで目立たなくていいけど、ちょっとアクセントを付けたい時

最後にパラパラ振りかけるだけで、華やかさを演出する事ができます。
※粒が大きめなのも活きてくるよね。

そして、私のお気に入りの使い方は、もちろん焼き菓子の材料として。

シンプルなお菓子にもうひとつ、風味や奥行を出したい時

カソナードがいつも傍にいてくれました。
※高いけど。
※お金払わな傍にはいてくれへんけど。

CUIREでカソナードを活かした代表的なお菓子といえば、マドレーヌ
※ただし粒が大きめなのでしっかり溶かして使う。

粉とバターとバニラだけでは、シンプルで素朴な味は出せても、芳醇で高級感のあるお味はなかなか出せません。

そこにカソナードを使うと、お口に入れた瞬間の、いわゆる“お砂糖の味”が全然変わってきます。
※濃ゆいお砂糖の味がする。

ほんの少しの違いですが、あなどるなかれ。そのお菓子の“味の特徴”にもなりえるスゴいやつなんです。
※カソナードが味の決め手になる事もある。
※高いけど。

使った事のない方は、ぜひ一度お試しでもいいので使ってみてください。
※高いから勇気要るけど。

そしてその味の違いを経験してみてください。
※世界が変わるよ。
※↑え?お砂糖で?
※うん。高いけど。

カソナード まとめ。 そしてお知らせ。

要点をまとめると、カソナードは粒大きめで、香りも強めのお砂糖。

クレームブリュレ他いろんなお菓子に使えます。
※勇気さえあればどんなお菓子にも使える。

万能かと思いきや、値段でつまずくのもある意味特徴。

これだけのカソナードの特徴と使い方、それを知っていれば、今日からあなたも立派なカソナーディスト。
※ちょっと、いやかなり無理があったな・・・。

カソナードは、あなたと私のcotta ←さん、もしくはECモールでも普通に売ってます。

そしてお知らせ。

お菓子のプロによるレシピをシェアするWebサイト、『シェアレピ』さんにて、わたくしkinakoがこれから色んなお菓子のレシピを公開していきます。

このブログに載っていないレシピもたくさん載せる予定なので、そちらも良かったら見てみてください☆
※初回はダックワーズの回です☆

CUIRE  ONLINE SHOP
カテゴリー
material
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP