手作りの焼き菓子を販売するまでの道のり。~その⑫~

atelier

小規模での材料仕入掛売問題。

工房を開業するにあたり、こんな事がありました・・・とさ。
※終わってもうたで。

喫茶店に仕入ている業者さん(乳製品の会社)が、「開業されるんでしたら乳製品はぜひウチに!」

と声をかけてくださいました。

とはいえ、焼き菓子専門なので、バター以外の乳製品はそんなに使わないんですよね。
※生クリームめっちゃ推されたけどホンマ要らんねん。
※パウンドケーキに大さじ1杯。とかしか要らんねん。
※生菓子じゃない方の。やねん。
※ゴメンて。w

なので、開業とはいえ最初はまだまだ小規模(発注量少)である事、バターぐらいしか必要無い事
※その他材料はほぼcotta ←で充分仕入られる。

等を伝えて、なんならお手数をおかけするだけですし、ウチはまだいいですよ。
※近所にプロ用食材のお店もあるしね。
※値段もほぼ同じだし。

って言ったのですが、それでもぜひに!と言われたので、ひとまず取引業者として登録する事にしたのですが
※営業としては頑張り屋さん。

その後、「〇万円以下の取引は掛売なしの都度現金払いのみ。」
※『掛売』とは、月ごとにまとめて後払いするシステム。
※業者間は大体そのシステムで成り立ってる。

と言われました。
※って言われても。
※それ意味あるん。
※スーパーで買ってもせめてカードは使えるで。w

そうです。
※私が変な業者さんです。

規模が小さく、実績もなく、信用も無いうちは、掛売システムなんて普通利用させてもらえません。
※(だから断ったやん・・・。)と思ったけど。w

要は、クレジットカードと同じ“信用システム”なので、会社として信用がまだ無いうちは利用できません。

全然いいけどね。
※自分で買いに行くし。w

実際のクレジットカードも同じく。

開業にあたり会社名義の銀行口座は作れましたが、クレジット機能は使えません。
※デビットカードは使える。
※要は払えるお金が現状確実に口座にあればデビット機能は使える。
※後日払えるかどうかわからない状況と判断されているうちはクレジット機能は使わせてもらえません。

全然いいけどね。
※デビットカードで充分やし。w

とまぁ、最初は信用なんて無くて当たり前です。
※口座にビックリするぐらいお金入ってたら全然話は別よ。
※その時は「ぜひウチを使ってください!」って言ってくるから。
※大人って恐いね。w
※↑自分も大人やで。

開業するにあたり、そんなところでつまずく方もいるかもしれないので、一応お知らせしておきます。w
※心折れないでね。
※そのうち見返してやればいいのよ。w

ちなみに、私は今まで掛売じゃなくて困った事は特になかったので、なくても全然大丈夫なシステムです。
※使えないなら使わなければいいだけの話。

長くお付き合いできる取引業者さんの見つけ方。

とはいえ、逆に小規模でも掛売システムで取引してくださる業者さんもいます。

CUIREで利用させてもらってる配送業者さんもそのうちのひとつ。
※We Love 佐川急便。

実は開業当初、別の配送業者さんを利用していました。
※黒いネコが運んでくれるやつ。
※しかも普通に個人として利用する形で利用してた。
※なので料金も一般価格。

その業者さんにちょっとミスられる事件があり、今の配送業者さんに声を掛けたところ

掛OK☆業者価格でOK☆取引登録して伝票の発行も簡単にしちゃいましょう☆

と言ってくださいました。
※好き、佐川。
※そしてかすむ黒いネコ。

実際そんな小規模で、いくら将来を見越してくれたとはいえ、営業さんが頑張ってくれたのだと思います。
※ありがとう。そしてその見積もり、正解やで。w

もちろん、個人的にはやってあげたいけど、会社のシステム上無理。という事もあるでしょう。
※てか大体そうやと思う。

でも、そうやって協力してくれた取引業者さんに関しては、絶対大きくお返ししたい

と思います。
※「あの時協力して良かったな☆」と思ってもらえるように。
※バターに関しては逆に大量発注して、いい意味で『仕返し』したいと思います。w

取引業者に関して、取引条件ももちろん大事ですが、長くお付き合いするのなら、お互いが助け合い、協力し合える関係を築けるかどうか

長い目で見ると、もっと大事だと思います。
※お見合いみたいなもんですね。
※↑未婚。

その“見る目”は小規模なうちから培っておくと、きっと近い未来、役立ちますよ。

CUIRE  ONLINE SHOP
カテゴリー
atelier
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP