【レシピ】簡単フランス菓子「クラフティ」。

recipe

私史上最も簡単なフランス菓子。それが「クラフティ」。

クラフティ」をご存知ですか?
※知らなくても氏にません。

クラフティとは、フランスのリムーザン地方の伝統菓子で

耐熱皿に卵・牛乳・佐藤・小麦粉を混ぜたクループ風生地に、種ありのブラックチェリーを並べて焼いたお菓子のこと
※材料にB作おったで。
※もとい、砂糖。

基本的に焼いた温かい状態で食べます。
※食べ方は好きにさせてくれ。

生地の作り方はほぼクレープ。
※なのでクレープカテゴリに入れました。

けど、クレープみたいに薄く焼かないので、「どんなお菓子?」と聞かれたら

「んー。プリン?みたいな、ケーキ?みたいな、プリンとケーキの間?みたいな?」

と曖昧に答えるしかありません。
※→語彙力。

が、そんな事はどっちでも良くて
※ええんかい。

個人的には超簡単なのに、超美味しい!フランス菓子には珍しい手軽なお菓子なんです。
※繊細さと手間がウリのフランス菓子の中で。よ。
※それなのにこの知名度の低さよ。

クレープなら作った事あるよー!って方は、ぜひ一度作ってみてください。
※やっぱりクレープの方が好っきゃわ。てなったらそれはゴメン。

では、レッツ☆アイデンティティ。
※クラフティ。みたいに言う。↑

簡単美味しい「クラフティ」のレシピ。

今回は長方形のタッパー型耐熱容器を使いましたが、スキレットでスキっと作ってもおしゃれです。
※ダジャレのセンス無い人が言う「おしゃれ」ほど信用ないもんない説。

ブラックチェリーはシーズン外だったので、今回はサワーチェリー(種無し)を使いました
※最近流行ってるねん。サワーチェリー。
※↑大量入り買ってしまって消費に追われてるだけやろ。どうせ。

その他冷凍のミックスベリーも混ぜてます。
※特に決まりはないねん。
※美味しかったらなんでもええねん。
※フランスの伝統無視。↑

材料(17×13×H6cmの耐熱容器 1台分)

  • 卵・・・L寸1個
  • グラニュー糖・・・35g
  • 薄力粉・・・15g
  • 生クリーム・・・50ml
  • 牛乳・・・50ml
  • カルヴァドス・・・大さじ1
    ※なくても可。
    ※↑じゃあ何で入れるん?
    ※てなるよね。
    ※香り付けです。
  • バニラオイル・・・適量
  • サワーチェリーとミックスベリー・・・50g〜お好みで

下準備

・生クリーム、牛乳、卵は室温に戻しておく。

・牛乳と生クリームは混ぜておく。

・オーブンの余熱は170℃に設定しておく。

・「佐藤B作」のとこスベったな。って自覚はあるけど心臓強いから大丈夫。
 ※明日には忘れてる。

【手順】

ボウルにといた卵を入れて、グラニュー糖を加え混ぜる。

薄力粉をふるいながら加え、粉気がなくなるまで混ぜる。

※ホイッパーは入れたまま粉入れちゃうタイプです。

合わせておいた牛乳と生クリームを2〜3回に分けて加え混ぜる。

最後にカルヴァドスとバニラオイルを加え混ぜる。

できた生地を濾しながら容器に流す。

フルーツを並べたら、余熱しておいた170℃のオーブンで33〜35分焼成する。

※焼成中膨らんで「だ、大丈夫!?」てなるけど大丈夫。しぼむから。

焼き上がったら粗熱を取って、粉糖をかけて出来上がり。

混ぜて焼くだけ。自由なフランス菓子「クラフティ」。

マジで超簡単でしょ。
※クラフティ・ドヤ。

ワンボウルで下ごしらえも無く、混ぜて焼くだけ。

なんなら口当たりとか気にしない人は、濾さなくたっていい。

焼けたら大きなスプーンですくって取り分けて、好きなだけ食べればいい。
※なんなら取り分けなくたっていい。
※私はコレ1台分ぐらい余裕で一人でペロっといけます。

チェリーやベリーやチャーリーじゃなくても、りんごとか洋梨をソテーしたものだっていい。
※それは浜のやつ。↑

外はケーキみたいにふんわり。中はプリンみたいに卵の味がするフルフル食感。

焼き立てでも冷やしても美味しいんです。
※冷やすとプリン寄りになるよ。

今回はちょっとリッチに生クリームを入れましたが、生クリーム無しで100ml全量牛乳でも作れます。
※ちょっとあっさりめに仕上がるよ。↑

生地の材料も、大体のご家庭にある物ばかり。
※↑他人様の冷蔵庫事情どこまで把握してんねん。

簡単で専用型不要、スーパーで買える材料だけで作れるフランス菓子。

こんなお菓子、みた事ない。
※事はない。
※今見たし。

クラフティを知らなかった方も、一度作って食べてみてください。

手軽にフランスのリムーザン地方に行った気分になれますよ。
※行ってみたいとかの前にどこよそれ。

CUIRE  ONLINE SHOP
カテゴリー
recipeクレープ
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP