【レシピ】サワーチェリーとレーズンのブランデーケーキ。

recipe

サワーチェリーシリーズ最終章。ケーキでサワーチェリー。

今回は、サワーチェリー最終章。パウンドケーキDeサワーチェリーです。
※「De」のとこダサ。

その他のサワーチェリーシリーズはコチラ。↓

クラフティ、マフィンときたら、最後はパウンドケーキでしょ。
※「今でしょ!?」的な。
※↑いつ。

という事で、サワーチェリーとレーズンを、ブランデーに漬けてケーキに巻き込んでみました
※巻き込むな。混ぜ込め。

これ、見た目は地味ですが、めっちゃ美味しいです。
※先言うとくわ。

サワーチェリーの使いどころに困ったら、まずはこれをぜひ。

では、レッツ☆ほにゃらら。
※いやそれクイズの「◯◯」のとこのやつ。
※そして何の「レッツ」なんか全くわからん。

「サワーチェリーとレーズンのブランデーケーキ」のレシピ。

サワーチェリーとレーズンは、前日からブランデーに漬け込んでおきます。
※今日言うて今日作られへんシリーズ。

ブランデー以外にも、ラム酒とかでもOK。
※そこは好きに変えたらええ。
※サワーチェリーはどんな洋酒も受け入れてくれる。

そのへん以外は基本のパウンドケーキと同じです。
※トレハロースは省いています。
※省トレ。

材料(18cmパウンド型 1本)

  • サワーチェリー・・・80g
  • レーズン・・・30g
  • バター・・・100g
  • ブラウンシュガー・・・80g
  • 卵・・・100g
  • 薄力粉・・・80g
    ※今回はエクリチュールを使用。
  • アーモンドプードル・・・20g
  • ベーキングパウダー・・・3g

下準備

・バターと卵は室温に戻しておく。

・薄力粉、アーモンドプードル、ベーキングパウダーは合わせて軽く混ぜておく。

・パウンド型に型紙を敷いておく。

・オーブンの余熱は170℃に設定しておく。

・サワーチェリーとレーズンは前日からブランディーに漬けておく。
 ※「ディー」のとこ。
 ※ディーン・フジオカ。みたいに言う。
 ※ちなみに私はディーン・フジオカを「おディーン」と呼んでいます。
 ※おディーン世界で一番美しい顔面説。

サワーチェリーとレーズンのブランデー漬けの作り方。

レーズンは熱湯にひたひたにつけて30秒程度混ぜて糖衣を剥がす。
お湯をきったらボウルに戻す。

シロップをきったサワーチェリーと一緒に小さめのボウルに入れて、大さじ2程度のブランデーをふりかけ、表面にぴったりラップをして一晩以上おく。

漬けたものは、使う直前にサワーチェリー5〜6粒を取り出し、漬け汁、それ以外の3つに分けておく。
※捨てるとこない魚のシステム。

か〜ら〜のぉ〜

【手順】

室温に戻したバターにブラウンシュガーを加え、白っぽくなるまで撹拌する。

室温に戻した卵を3〜4回に分け加え、その都度乳化するまで撹拌する。
※分離しそうになったら大さじ1杯程度の粉類を混ぜよう。
※お節介乳化おばさん。↑

しっかり混ざったら、サワーチェリーとレーズンを半量加え、ハンドミキサーの低速で撹拌する。
※残りの半量は最後に入れるから。
※そう慌てなさんなって。
※↑のんびりサワーチェリーおじさん。

粉類をふるいながら加え、ゴムベラでさっくり混ぜる。

粉気がなくなりかけたら、残りのサワーチェリーとレーズンを加え、粉気がなくなってツヤが出るまで混ぜる。

型紙を敷いたパウンド型に詰めて、真ん中がくぼむように船形に整え、よけておいたサワーチェリーを乗せ、ぐぅーーーっと押忍。
※え?空手?
※サワーチェリーが半分程度埋まるぐらいまで押忍。
※え?剣道?

余熱しておいた170℃のオーブンで45分焼成する。

焼き上がったらすぐ型から外して、漬け汁を刷毛で全体に塗る。
粗熱が取れたらほの温かいうちにラップで包み、一晩かけて冷ます。

※一晩かかる程冷めない熱さってどんな。
※冷ますのと一晩おくのは別の話です。
※一晩おくとバターが馴染んで、さらにしっとり芳醇なケーキになります。

超しっとり、ほんのりブランデーが香るサワーチェリーケーキの出来上がり。

サワーチェリーの甘酸っぱさが最高のパウンドケーキ。

サワーチェリーは混ぜると潰れやすいのでね。1回目は馴染ませるようにしっかり混ぜて

2回目は潰れにくいように最後の方に入れます。
※サワーチェリーへの配慮がスゴい。

そして、焼成とともにサワーチェリーが沈みやすいので、最後に表面に埋めましたが

それでもやっぱり多少沈みます。

そんな事より、美味しいのよ。コレ。
※沈もうが潰れようが美味しいものは美味しい説。

生地はしっとり、ほんのりブランデーが香る中に、甘酸っぱいサワーチェリーがアクセントになって

思わず「キング・オブ・ケイク!」とスタンディングオベーションしてしまったわ。
※元々立ってた説。

ブランデー漬けのレーズンも、いい仕事してます。
※大体のおやつを美味しくする洋酒漬けレーズンの底力。

温かい紅茶と一緒に食べれば、そこはもう・・・

どこ?
※こっちが知りたい。

試食した家族や友人からも、大絶賛のケーキでした。

サワーチェリーの使い方に迷ったら、まずはこのケーキをお試しください。
※サワーチェリーの間違いないやつ。
※食べても食べんでもわかる美味しいやつ。

CUIRE  ONLINE SHOP
カテゴリー
recipeパウンドケーキ
スポンサーリンク
CUIRE 焼き菓子研究所

PAGE TOP